AX

 ―INFO―

  • スポンサードリンク

論理少女 | つじ要

このエントリーをはてなブックマークに追加 カテゴリ:コミック感想  »2008年12月15日 更新

論理少女 1 (1) (シリウスコミックス)


その場にあるもので、その場でゲームを作る、津隠問答(つがくしもんどう)。
そんな不思議なゲームが流行る中学校に転向してきた主人公、若野祐が
天才的な"理論少女"芝いつきとコンビを組み、問答を悪用する悪達と
ゲームバトルを繰り広げる知的パズル系の学園漫画。


基本的には、津隠問答をカツアゲ等に利用する不良に勝負を挑み、
出されるゲームを理論やトンチで切り抜けるというのがパターン。

この漫画の魅力はヒロインの生徒会長、芝いつきのキャラにつきる。
その理論へのこだわりは勝負事内にとどまらず、
「普通」の代表である主人公の「言葉は足りないがだいたいニュアンスが伝わる」
発言に対して

「もう少し理論的に話しなさい!!」

というツッコミを必ず入れ、正確に意味が伝わるように言い直させる。
このやりとりがいちいち面白い。


上に書いたように気に入っている部分はありますが、
肝心のゲームバトル部分は個人的にイマイチでした。

この漫画ではその場にあるものを使って対戦者が、
今流行の脳トレのような問題を出す。
これはこれで面白いアイディアだが、殺人事件や日常ミステリーのように
解決する問題の内容が解決後の物語に関わってこないため、
問題自体に吸引力がなく、種明かし時のカタルシスも思ったより感じませんでした。

最もこれは対戦する相手が、1巻ではちょっと頭のいいワルの域を出ていなくて
魅力を感じなかったことにも起因していて、アクの強いライバルでも
登場すれば、また印象は変わるかもしれません。

なんのかんの言って、2巻には期待。

関連記事


スポンサードリンク HR.jpg HR.jpg

2008年12月15日 | コミック感想 | コメント 2件 | トラックバック 0件 | TOP

コメント

お!読まれましたか~!
なんだか、レベル的にもこんなん問題にしちゃうの・・?!><
と思っちゃう時があるんですよね!
すこしがっくり・・
でも難しすぎても伝わらないのかな?難しいところですね。
けど新しいタイプの漫画で、私も二巻楽しみです!^^

2008年12月17日 / もっち #-URL編集

もっちさんどうもです。
論理少女、オススメされてみました。
絵もストーリも初々しい感じなんで、
のびしろに大いに期待してます^^

2008年12月18日 / KT. #Wvgud./AURL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)