AX

 ―INFO―

  • スポンサードリンク

さらば、やさしいゆうづる | 有永イネ

このエントリーをはてなブックマークに追加 カテゴリ:コミック感想  »2012年06月10日 更新

さらば、やさしいゆうづる (KCx(ITAN)) 少しの不思議と新しい明日
 『さらば、やさしいゆうづる』

お気に入り度:★★★★
オススメ度:★★★

作者:有永イネ
出版社:講談社
発売日:2012/04/06
【⇒試し読み】

備考:[短編集][4話収録]

装丁:川谷デザイン



『最果てアーケード』全2巻を刊行している有永イネ先生の短編集で、
40~50ページ程度のエピソード4編が収録されています。
各エピソードのタイトルとそのさわりをまとめると、

●ひとつめは木曜になく
  ―幼馴染の2人は、木曜日にだけ一つ目の「それ」が見える
●さらば、いとしいゆうづる
  ―彼と別れた少女が渡されたのは、「本当に欲しいものが入っている箱」だった
●なき顔の君へ
  ―「双子の弟が消えるように」と姉が願い、それが叶えられる
●はたらくおばけ
  ―幽霊となった少年は、「株式会社はたらくおばけ」に雇われる

といったお話が集まっていて、コピーに「少しの不思議」とはつけてみましたが、
謎の生き物が見えたり、幽霊がお仕事する世界観が少ししか不思議でないと言いたい訳ではなく、
日常の中に非日常が飛び込んでくる、藤子・F・不二雄的な「SF(すこし・不思議)」と伝えたいわけで、
どれも日常世界にありえないことがまぎれて、それが話の「起」になっています。

そんなありえないことに巻き込まれる、または巻き込まれている登場人物達は、
"未熟"であるが故に何らかの痛みやわだかまりに囚われています。
そして、それを出来事を介して受け入れつつ、大体いい方向に進んでくれるので、
読後はじんわりと暖かい気持ちになれます。

面白いのは、それらの物語の過程なのですが、
「少しの不思議」が大きく膨らんで大きな事件に発展する、といった転がり方をしません。
「少しの不思議」はあくまできっかけであって、その不思議に身をおきながら、
元々自分の中にあった心への気づきや人との絆が主人公達を一歩進ませる、
そんな心の機微を丁寧に描いた作品になっています。
不思議を取り入れたちょっと現実からはみ出た世界と、そこでもがく
人たちの等身大の葛藤の物語、そのバランスが絶妙です。

と、全部の傾向をまとめてみましたが、
それぞれのエピソードがセンチメンタルなもの、
痛みの大きいもの、コミカルなものとどれも個性があって、
その中でも、管理人のお気に入りは、
木曜日にワラワラと沸いてくる「ひとつめ」のグロすぎて可愛いい気もしてくるインパクトと、
「ヒロイン」の可愛さで「ひとつめは木曜になく」。
伏線好きにも外せない内容となっていおります。


ということで、こちらの作品は2巻分の長編作品を書き終えた
「新鋭」とカテゴライズされる作者の初めての短編集ということにはなりますが、
荒削りとかのワードで予防線を貼る必要はないかなとも思います。
というかイラストは4編すべて好みのレベルというところまで達していて、
「心情(回想)」と「出来事」を行き来するコマの割り方や
漫画的文法が上手すぎると感じるくらいでした。
掲載元がBE・LOVEと同人誌でレーベルがITANということもあり、
女性らしさの出た作品ということはつけ加えておきますが、
「短編集が好み」という方には間違いなくオススメします。



【装丁】

語感の良い『さらば、やさしいゆうづる』を表題作として掲げた表紙。
裏表紙にはおおきく収録作4タイトルを配置しつつ、
表には小さな英語部分に短編集であることを示した、
写りのよさ優先の文字レイアウトが行われています。
表題作のキーアイテムとなる「鶴の折り紙」「箱」「ビーダマ」を特大に配置して
登場人物達と絡ませた、ファンタジーなイラストが採用されていますが、、
水色の背景とゴシック体の文字によって全体的にはスタイリッシュな印象です。

カバー全体としての配色にもこだわっていて、袖、表紙、裏表紙、袖の色は
黄色、水色、黄色、水色とその区切りから生まれるコントラストが目に爽やかな刺激を与えます。
さらにカバー下(本体)は赤色、カバー裏はピンク色になっていて、
浮き上がったカバーからちらりとその部分が見えたときも美しかったりします。
ピンク色の裏表紙には小ネタが仕込まれていTりしますが、
これを確認するのは、一応作品を読んでからでいいかもしれません。


これは作品を読んでからわかる話にはなりますが、
表紙にかぎらず、カバー全体には作品に登場するキャラが1区画2~3人で配置して、
顔を合わせたり腕を組ませたりしていて、そこまでは普通の短編集的アイディアになりますが、
組み合わせたキャラはエピソードをまたがっており
(例えば表紙のキャラは「さらば、やさしいゆうづる」「ひとつめは木曜になく」
からひとりずつ選出されています)、つまり本来関係性のない
キャラ達が表紙で競演を果たしていて、そういう小ネタが短編集を地味に1つに纏め上げている
のかと感心したりしました。


カバーや作品に関するちょっとしたあれこれは作者のブログで
語られています。ネタバレが含まれていますが既読者には面白いことが
書かれているので読後にお読みください。

⇒「さらば、やさしいゆうづる」|穀物日記

なき顔の君へ⇒「なきかおの君へ/なきがおの君へ」というダブルミーニングや、
作品に関するオマケ4コマまど、読み応えがあります。
過去の同人誌の書影から窺える装丁への意識の高さ、
そしてレーベルがITANで、デザイナーさんが少女漫画にめっぽう強いところ。
必然ですね。

HR.jpg
この商品をデザった人達はこんな商品もデザっています    【川谷デザイン】


ama.jpg  
純情ドロップ(マーガレットコミックス)
純情ドロップ
マーガレットコミックス

中原 アヤ
集英社
リュウマのガゴウ 1巻 (ヤングキングコミックス)
リュウマのガゴウ 1
ヤングキングコミックス

宮下 裕樹
少年画報社
君に届け 16 (マーガレットコミックス)
君に届け 16
マーガレットコミックス

椎名 軽穂
集英社
ama.jpg


HR.jpg
関連記事


スポンサードリンク HR.jpg HR.jpg

2012年06月10日 | コミック感想 | コメント 0件 | トラックバック 0件 | TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)