AX

 ―INFO―

  • スポンサードリンク

[表紙] 特定の何か風・パロディ

このエントリーをはてなブックマークに追加 カテゴリ:表紙構成要素  »2012年01月28日 更新

コミック表紙・構成要素分類 INDEX

●要素:特定の何か風・パロディ
●分類:その他
●備考:単巻・複数巻


<説明>
表紙がコミック以外の媒体を模したものや、別レーベル・特定作品のパロディとなっている作品。




◆◇別媒体のフォーマット風◇◆




【1】 BTOOOM! 6巻 / 井上淳哉  出版:新潮社
【*】 デススマイルズ (ゲームソフト)  メーカー:Cave

BTOOOM!デススマイルズ

家庭用ゲーム機・Xbox360のゲームソフトパッケージ風の表紙。
横に並べているソフトは、同作者がキャラクターデザインを務めている。
マンガ自体が実際のゲームのタイアップをしているのかと思ったほど、
ぱっと見が非常にXbox360らしいが、よく見ると「DXBOX720」になっている。


【2】 月光条例 13巻 / 井上淳哉  出版:小学館
【*】 アンデルセンの童話 (児童書)  出版:小学館

月光条例 5アンデルセンの童話

おとぎばなしをストーリーに絡めた作品で、
同じ小学館の「オールカラー版 世界の童話」によく似せたカバーにして、
児童書っぽい雰囲気を出している。
「マッチ売りの少女」が出てくる13巻は、イラスト部分まで元ネタと強くシンクロさせているが、
作者イラストは実際の児童書に載せてもいけるんじゃないかと思えてくる。


【3】 子供失格 1巻 / 松山花子  出版:双葉社
【*】 黴 (小説) / 徳田秋声  出版:岩波文庫

子供失格黴 (岩波文庫)

岩波文庫風
タッチ的に、イラストを載せても違和感がない。


【4】 わびれもの / 小坂俊史  出版:芳文社
【*】 るるぶ札幌 小樽’12 (旅行情報誌)  出版:JTBパブリッシング

わびれものるるぶ札幌 小樽’12

旅行情報誌風その1。
雑多に情報が並ぶ旅行雑誌のデザインの方法を大胆に盛り込みながら、
コミックの装丁として上手に機能させている。


【5】 旅マユ (犬マユゲでいこう) / 石塚2祐子  出版:集英社
【*】 まっぷる福岡’12 (旅行情報誌)  出版:昭文社

まっぷる福岡’12 (まっぷる国内版)

旅行情報誌風その2。
こちらは「擬態」と言ったほうがしっくりくるかもしれない。
本当の雑誌らしく、カバーもつけていない。
ゲームエッセイコミック。


【6】 犬マユゲでいこう 犬辞林 / 石塚2祐子  出版:集英社
【*】 広辞苑 第六版 (国語辞典)  出版:岩波書店

犬マユゲでいこう 犬辞林広辞苑 第六版

国語辞典のような見た目で、上の旅行雑誌風の時と違って
コンセプトの違いで高級感のあるカバーに仕上がっている。
タイトルは「大辞林」のもじりになっているが、見た目は無地の「広辞苑」が近い。
もちろんゲームエッセイコミック。


【7】 寒い朝 / いしかわじゅん  出版:双葉社
【*】 ツバメB5ノート  販売:ツバメノート

寒い朝ツバメノート

ノート風その1。
大学ノート。
手描きで構成されたそれっぽさが面白い。


【8】 お受験の星 1巻 / 今谷鉄柱  出版:小学館
【9】 おんなのこ学習帳 / 流星ひかる  出版:久保書店
【*】 ジャポニカ学習帳 自由帳  販売:ショウワノート

お受験の星ジャポニカ学習帳 自由帳

ノート風その2。
ジャポニカ学習帳の表紙には元々枠と写真がレイアウトされていて、
人気キャラクターを枠に入れた「キャラクター学習帳」シリーズもあることから、
パロディとの親和性は高い。単行本ではないが、同系統のパロディとして雑誌の付録に
らき☆すた学習帳』というアイテムも存在する。


【10】 サイテー―田中圭一マガジン / 田中圭一  出版:ぶんか社
【*】 月刊サンデーGX 2007年01月号 (少年誌)  出版:小学館

Comicサイテー―田中圭一マガジン月刊 サンデー GX (ジェネックス) 2007年 01月号

少年漫画雑誌風だが、もちろん中身は『サイテー』。
字面の似たサンデー系の雑誌を探して比較をしてみたけれど、
思ったよりこういう複数作品のキャラが並んだ表紙は少なかった。


【11】 おかん / 柏木きなこ  出版:集英社
【*】 まんがタイムきららCarat 2007年11月号 (4コマ誌)  出版:芳文社

おかんまんがタイムきららCarat 2007年11月号

漫画雑誌風
同じく4コマを扱った黄色基調の雑誌を比較に載せているが、
特定の何かに寄せているというより、雑誌のイメージをデフォルメにして
単行本デザインに上手く落とし込んでいるという印象。




◆◇別レーベルのフォーマット風◇◆




【12】 まほおつかいミミッチ 1巻 / 松田洋子  出版:小学館
【*】 ドラえもん 1巻 / 藤子・F・不二雄  出版:小学館

まほおつかいミミッチ 1ドラえもん 1

心地よいレトロさを感じられる、てんとう虫コミックス風
パロディ元のコロコロ系に用いられていたこのフォーマットはとうの昔に自由化されているが、
100巻で完結するという『あさりちゃん』はこのフォーマットを継続していたりする。


【13】 神罰 / 田中圭一  出版:イースト・プレス
【*】 鳥人大系 1巻 / 手塚治虫  出版:講談社

神罰鳥人大系

手塚治虫漫画全集風


【14】 みなりの青春 / 田中圭一  出版:星雲社
【15】 はてなの花 / 河内遥  出版:集英社
【*】 アニマル横丁 10巻 / 前川涼  出版:集英社

みなりの青春アニマル横町 10

りぼんマスコットコミックス風
流れ的に【14】のネタっぽさに目が行くかもしれないが、【15】もよく見るとおかしい。
今となっては旧型のデザインとなった、この元のネタのフォーマットを続けていた
『アニマル横丁』も、12巻は新しいデザインでの刊行となった。
枠やタイトル位置、作者名の入れ方など、全体の構成がパロディを演出しているため、
上部のラインの色は、そこまで同じにしなくてもそソレっぽくなっていることがわかる。




◆◇公式パロディ作品◇◆




【16】 学園黙示録 HIGH SCHOOL OF THE HEAD / サンカクヘッド  出版:富士見書房
【*】 学園黙示録 HIGH SCHOOL OF THE DEAD 7巻 / 佐藤ショウジ  出版:富士見書房

学園黙示録 ハイスクール・オブ・ザ・ヘッド 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 7


ゾンビアクション漫画のパロディ。
公式の強みを生かし、ロゴの形までそっくり。
7巻との同時発売により、書店で並2冊並べられたりした。


【17】 未来日記 モザイク消し / 竹内元紀  出版:角川書店
【*】 未来日記 1巻 / えすのサカエ  出版:角川書店

未来日記モザイク消し未来日記 1

丸っこくも、そっくりな仕上がり。
下ネタが多く、パロディ元の番外編『未来日記モザイク』から、
「モザイク」を持って生きて『モザイク消し』。




◆◇特定作品の表紙パロディ◇◆




【18】 みーたん 2巻 / 友美イチロウ  出版:双葉社
【*】 こどものじかん 1巻 / 私屋カヲル  出版:双葉社

みーたん 2こどものじかん1

パロディの方も私屋氏が表紙イラストを提供し、
さらに『こどものじかん』とデザイナーさんも共通しているため
必然的な高クオリティのパロディとなっている。


【19】 ひきょたん!! 全3巻 / 久遠まこと  出版:角川書店
【*】 涼宮ハルヒの憂鬱 1巻 / ツガノガク  出版:角川書店
【*】 バカとテストと召喚獣 1巻 / 夢唄, まったくモー助   出版:角川書店
【*】 新世紀エヴァンゲリオン 10巻 / 貞本義行  出版:角川書店

ひきょたん 1ひきょたん 3

涼宮ハルヒの憂鬱 1エヴァンゲリオン 10

秘境探検部で『ひきょたん!!』。
角川書店の繋がりを利用した、大胆なパロディ表紙。
選んだ元ネタがどれも本作よりもタイトルが長いものばかりで、
そのロゴも1巻は雰囲気のみ合わせているが、
2・3巻は巻数表記や作者名など何とか使える要素を集めて
より元ネタに近づけている。


【20】 やみのさんしまい 1~3巻 / 永瀬ようすけ  出版:講談社
【*】 黒い安息日,パラノイド,マスターオブリアリティ(CD) / ブラック・サバス  レーベル:USMジャパン

やみのさんしまい 1やみのさんしまい 3

黒い安息日マスター・オブ・リアリティ

年末に紹介した時には知らなかったが、
イギリスのロックバンドのCDジャケットのパロディになっていた。




<結び>
見て楽しい、比較して楽しい、細かく眺めるかいがある表紙。
それっぽく見せるための情熱が感じられ、
自分のモノにしてしまう工夫も見て取れる。
本全体にコダワリが散りばめられていることが多い。
このタイプの面白い表紙は結構ありそうなので、
見つかったら追加していきたい。

関連記事


スポンサードリンク HR.jpg HR.jpg

2012年01月28日 | 表紙構成要素 | コメント 0件 | トラックバック 0件 | TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)