AX

 ―INFO―

  • スポンサードリンク

アニメ・コミック・ライトノベル・ゲームのデザイナー集 周回遅れ漫画ニュース号外(2011/12/22)

このエントリーをはてなブックマークに追加 カテゴリ:ニュース  »2011年12月22日 更新

本日12月22日、「アニメ・コミック・ライトノベル・ゲームのデザイナー集」が発売されました。コミックの装丁に関わるデザイナーさんを中心に、手がけられたコミック、コミック雑誌、アニメ、ライトノベル、ゲームの装丁、またそれらに付随するCDのジャケットやロゴなど、その膨大なお仕事ぶりが収録されております。紹介されているグラフィックデザイナーのその数、なんと約250人/社。圧倒的な情報量にくらくらします。購入を予定していたところ縁があって一足早く見本をいただくことができたため、早速その魅力をお伝えします。


【書籍】アニメ・コミック・ライトノベル・ゲームのデザイナー集

Cover_Web_500pic.jpg

 ●編集
  オブスキュアインク
  野澤 真梨子 (ワークスコーポレーション書籍編集部)

 ●カバーイラストレーション  モタ

 ●デザイン 名和田耕平デザイン事務所

【書籍仕様】
●発売日
 2011 年12 月22 日
●定価
 3,990 円(税込)
●判型・総ページ数
 A4 変形/ 288
● ISBN
 978-4-86267-120-2

【⇒Amazon】


●一人1ページ、個人のお仕事ぶりがわかる

さて、紹介されている方々を眺めてみると、名和田耕平デザイン事務所、ボラーレ、コズフィシュ、コードデザインスタジオ、セキネシンイチ制作室など、現在活躍中の有名どころ、うちのブログの記事を読んでくださる方にはおなじみの面々はやはり収録されています。

収録の順番は名前の順で、例えば「う」だと少女マンガ系内・内古閑智之氏⇒ビーム系・内田圭祐氏という感じに、基本的には一人1ページ、まれに見開きで2ページ使われてデザイナーさんの連絡先、使用するソフトやフォント、ちょっとした紹介と一緒に、そのアートワークが収録されています。

20111222_1.jpg


一人1ページというのが特徴で、複数のデザイナーで構成される事務所では、個人個人で担当作品が明確に分かれている場合に同じ事務所でも一人一人個別に紹介されており、ボラーレなら関義之氏と星野ゆきお氏が別々、名和田耕平デザイン事務所なら、最近個人でクレジットされるようになってきた楠目智宏氏がページになっていたりと、個々のアートワークのジャンルや特徴を垣間見ることができます。

講談社系で作品数も絶賛増加中のアーテンは、4名で4ページと充実しています。

arten1.jpg

arten2.jpg

かなり新しい作品も掲載されています。


●大御所から新進気鋭まで、その幅広いフォロー率


何しろ250人ものデザイナーさんが収録されているので、フォローされている範囲が半端ではありません。先に挙げたコミックデザインの書籍でお馴染の有名どころはもちろんのこと、記事ではあまり見かけないながら手堅いお仕事ぶりで、確実に漫画好きの本棚にその担当作品が収まっている方々、最近コミックの装丁を始められたこれからの活躍が期待される方々、検索したときにうちのブログのコミックス装丁 デザイナーINDEXのページしか引っかからない情報のあまりでていない方々など、規模やジャンルに関係なく、その紹介ぶりは、まさしく全方位。

一例を紹介すると、「漫画・アニメ・ライトノベルのデザイン EXTRA」で紹介されることを疑わなかった、少女漫画の装丁を猛烈な勢いで塗り替えている川谷デザイン、ヤンマガやシリウスなどの装丁レベルを底上げしているG×complex 久遠敦司氏、電撃や電撃4コマ系の作品で良いと思って手に取ると結構な確率でぶちあたる虻川貴子氏、松本次郎作品でお馴染の岡崎直哉氏、BUNCH周辺の実力者・竹内亮輔氏など等…

どんなデザイナーさんがいるのか、レーベルの方向性など、こちらの1冊は、
現在のコミック装丁シーンを把握するいい入門になってくれそうです。
あとは、少しではありますが単行本にクレジットがない作品の担当者が判明したりして、
個人的に役に立ったなんてことも。


●「この装丁がすごい!」のお供に

沢山のデザイナーさんを紹介している書籍ですから、当然当ブログの年末装丁特集「この装丁がすごい!」で名前を出している方も沢山紹介されています。2010年版の記事だと例えば1位で取り上げた『狼の口 ヴォルフスムント』林健一氏や特殊装丁賞で取り上げた『薔薇だって書けるよ』平谷美佐子氏、等などいいと思った装丁の担当さんは、他にどんな作品を手がけられているのか気になったときに、こちらに結構載っていたりするので、記事を楽しめた方には非常に相性の良い書籍なのではと、個人的に感じたりしています。


という感じで、コミック装丁好きに強くオススメ。
装丁も名和田耕平デザイン事務所によってなんともにくい仕上がりになっている
アニメ・コミック・ライトノベル・ゲームのデザイナー集は、本日12月22日発売です。


【リンク】
●Amazon
●書籍案内


関連記事


スポンサードリンク HR.jpg HR.jpg

2011年12月22日 | ニュース | コメント 0件 | トラックバック 0件 | TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)