AX

 ―INFO―

  • スポンサードリンク

全3-5巻オススメ漫画100選

このエントリーをはてなブックマークに追加 カテゴリ:特集  »2011年03月05日 更新

全1全2|全3-5|全6-10|短編集】

1冊・2冊じゃ物足りない、かと言ってだらだら続くと飽きてしまう、程よく長い作品を読みたい人向け。
元々の全3~5巻、愛蔵版や新装版で3冊になったものを全部ひっくるめて、
3冊から5冊買えば物語の完結する漫画をご紹介。
分厚い作品も混ざっていますがそれも仕様。
オススメしたい全3~5巻の漫画、100作品をどうぞ。

※まだ100作品ありません。そのうち完成予定。


【タイプ欄の補足】

●ラスト
 ラストがかなり綺麗な作品。
●ラスト
 ラストまで読んでこそと思う作品。
 1,2巻で若干ピンとこなくても、イッキ読みを推奨したい。

●駆足:
 物語の終盤、駆足かなと思う作品につけている(主観)。打ち切り未満。
●打ち切り:
 話の途中で終わったり、いっきにラストまで駆け抜けてしまう作品。
 「俺達の戦いはこれからだ!」的な物ばかりでなく、なんとか綺麗にまとまっていたりするものも。
 基本的に★の数は少なめに設定、それでも面白かったので載せている。

●少年/少女:
 主に少年コミック、少女コミックサイズ(新書版)を知らせる目的で載せている。
●青年/女性:
 一般青年コミック・女性コミック(B6判)。
 B6判少年系も[青年]表記。
●A5:
 A5判サイズ。一般青年コミック(B6判)より一回り大きな本。
●新装版/愛蔵版/完全版/復刊:
 カバーなどをリニューアルして再び発売された作品。
 加筆や修正がある場合あり。カバーイラストより作品の絵柄が古い場合あり。
 また、旧版より冊数が少なく、1冊あたりのページ数が増えていることが多い。



■□■アクション/バトル■□■

ベル☆スタア強盗団1『ベル☆スタア強盗団』 全3巻
作者:伊藤 明弘
出版:白泉社 ジェッツコミックス

発売日:2008/06/27 - 2008/08/29
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★★★
タイプ:青年/ラスト/新装版/元ドラゴンコミックス

77万ドル13セントの借金を背負わされたスタア兄妹と賞金首女ガンマン・ベルの、決死の銀行強盗作戦を描いた7日間の物語。古き良きB級映画の香りのする、迫力ある銃撃戦が展開する西部ガンアクション漫画。さまざまな因縁が一箇所に集まり、状況が二転も三転もする最終日の盛り上がりが見所。


サタニスター1『サタニスター』 全5巻
作者:三家本 礼
出版:ぶんか社 ぶんか社コミックス

発売日:2006/09/19 - 2008/08/18
お気に入り度:★★
オススメ度:★★
タイプ:青年
悪魔に魂を貸し、怨霊の憑いたナックルで殺人鬼を狩る豪快なシスター・サタニスターと女子中学生の沢本いづみの活躍を描いた物語。(Wiki)。肉片が飛び、血飛沫が舞うスプラッタなホラーバトルだが、登場人物にはみなひょうきんな面があって程よくコミカル。ノリと思いつきで進めていそうなストーリー展開に翻弄されつつ、ラストは熱く、そして爽やか。


女神の赤い舌1『女神の赤い舌』 全5巻
作者:ウヒョ助
出版:小学館 ビッグコミックス

発売日:2003/11/29 - 2004/11/30
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★
タイプ:青年
突如失踪した彼女がカルト教団の教祖になっていること知り、連れ戻すため海外に飛んだ大道芸人・鉄男の冒険。蛇のような長い舌を持つ奇怪な信者達に、大道芸で鍛えた技で戦っていく。主な舞台はタイやカンボジア、モンゴルの寺院や遺跡などで、味方の多くはタイ人、敵は宗教団体ということもあり、作品の雰囲気がオカルティックでオリエンタルな個性持っている。


バジリスク1『バジリスク』 全5巻
作者:せがわまさき 原作:山田 風太郎
出版:講談社 アッパーズKC

発売日:2003/05/02 - 2004/08/09
お気に入り度:★★★★★
オススメ度:★★★★★
タイプ:青年/ラスト/アニメ化/原作:小説

山田風太郎の代表作『甲賀忍法帖』の漫画家作品。甲賀VS伊賀、愛し合う二人を引き裂く十人対十人の忍法殺戮合戦。勝利条件は相手方の全滅。キャラの立った猛者達が容赦なく退場させられていくことが勿体無くも気持ちいい。ダレも引き伸ばしも無く、5巻まで一気に読み進めることができる。



■□■日常ファンタジー/日常SF■□■

大日本天狗党絵詞1『大日本天狗党絵詞』 全3巻
作者:黒田 硫黄
出版:講談社 アフタヌーンKC

発売日:2008/10/23 - 2008/12/22
お気に入り度:★★★★★
オススメ度:★★★★
タイプ:青年/ラスト/新装版





地球美紗樹1『地球美紗樹』 全3巻
作者:岩原 裕二
出版:エンターブレイン BEAM COMIX

発売日:2010/3/15 - 2010/4/15
お気に入り度:★★★★
オススメ度:★★★
タイプ:青年/ラスト/新装版/元月刊エースネクスト







エンブリヲ1『エンブリヲ』 全3巻
作者:小川 幸辰
出版:エンターブレイン BEAM COMIX

発売日:2008/01/30 - 2008/02/25
お気に入り度:★★
オススメ度:★
タイプ:青年/新装版/元アフタヌーン
学校裏の森で女子高生エリ子が芋虫状の「虫」に卵を植えつけられたその日から、学校にはうごめく大量の「虫」の存在が見え隠れする…。虫がうじゃうじゃ沸くホラーに、生態系や進化など生物学的な考察を入れて必然を加え、長編ストーリーとしてまとめた作品。絵柄は80年代ホラー少女マンガ風。グロの中に愛がある。


ジャンキー・フィクション1『ジャンキー・フィクション』 全3巻
作者:明治 ていか 原作:為我井 徹
出版:ワニブックス Gum comics

発売日:2005/6/24 - 2006/4/25
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★★
タイプ:A5/ラスト
時を止められ、母の帰りを100年待ちながら、魔法の薬で依頼を解決する「薬屋」を営む少年のお話。不思議な薬でアクションしたり、人の心を直したりと単発エピソードを重ねながら、終わりの準備も進行させて…。線の美しい繊細な絵柄が話を盛り上げる。最終エピソードはいささか唐突に感じられたが、2回ぐらい読むとこの上なくしっくりきた。


レベルE『レベルE』 全3巻
作者:冨樫 義博
出版:集英社 ジャンプコミックス

発売日:1996/03/04 - 1997/05/01
お気に入り度:★★★★★
オススメ度:★★★★★
タイプ:少年/アニメ化/文庫有
『ハンター』前、『幽白』後の作品。ひっそりと地球に存在する異星人が巻き起こす事件の数々。基本はSFで、その味付けはサスペンス、冒険、ホラー、ミステリーとさまざま。1~4話完結で、どのエピソードもスリリングかつオチにひねりが効いている。ピンチをきちんとピンチとして描けるって当たり前だけれど重要。それができているから昔も今も強い。それにしてもよく少年ジャンプに載っていたと思う。


幻覚ピカソ1『幻覚ピカソ』 全3巻
作者:古屋 兎丸
出版:集英社 ジャンプコミックス

発売日:2009/02/04 - 2010/06/04
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★★
タイプ:少年/ラスト
偏屈な絵描き少年が、死後に手乗りサイズで現れたヒロインと共に、不思議な力でクラスメイト達の心の問題を解決していく。不思議な力とは、人の心の闇を心象世界としてスケッチし、心象世界に入り込んで心を助けるというもの。そのスケッチ風に描かれた十人十色のファンシーだったりホラーだったりする心象風景描写が独創的。人助けをしながら話は少しずつ前に進んで、全3巻できれいに終わる。


ドールマスター1『DOLL MASTER』 全5巻
作者:井原 裕士
出版:メディアワークス 電撃コミックス

発売日:2001/12 - 2003/12/17
お気に入り度:★★
オススメ度:★★
タイプ:青年
人形づくりが趣味の辻本雛子は凄腕のフィギュアモデラー久具津巧と出会い、おしかけ同然で弟子となりモデラーとしての道を歩み出した…。久具津の作った人形は人間のように動くというファンタジーがありながらも、あまりそれに引っ張られることなく、ラブコメもほどほどに、フィギュア製作に打ち込んだりイベントに出たりする関係の話のウェイトが大きい、不思議なバランスの作品。


武神戯曲1『武神戯曲』 全3巻
作者:上田 宏
出版:メディアワークス 電撃コミックス

発売日:2003/10/27 - 2004/10/27
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★
タイプ:青年/打ち切り
2002年の東京から1923年の北京にきてしまった少年が、子供の頃の祖父を探しながら本場で京劇役者を目指す…。元の世界を目指すタイムスリップ物に京劇という文化をミックスした作品。元の構想の3分の1程度を描いて終わってしまったようだけれども、一味違ったタイムスリップ物としてまとまっていると思える。


光1『光』 全4巻
作者:凜野 ミキ
出版:一迅社 ZERO-SUMコミックス

発売日:2004/10/25 - 2006/04/25
お気に入り度:★★★
オススメ度:★
タイプ:女性/打ち切り
宿命を思い出した「星」「星座」達が超能力で殺し合いを始めるバトルロワイアル系。偽善、暴力、無関心、無神経、強欲、冷酷、etc…と登場人物にありとあらゆる負の属性が付加されていて、それらが織り成す物語はグロく不快。その圧倒的な人間の気持ち悪さに目が離せなくなる。タガの外れたストーリーのせいか4巻で突如終了。打ち切りエンドが不思議と嫌いではなく、今だ手放せずにいる。


バニラスパイダー1『バニラスパイダー』 全3巻
作者:阿部 洋一
出版:講談社 少年マガジンコミックス

発売日:2010/04/16 - 2010/12/09
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★
タイプ:少年/ラスト/駆足
影の薄い少年が、その影の薄さと切れ味鋭い蛇口を武器に寄生型侵略異星人を退治していくSFアクションホラー。ポップでコミカルなキャラクター、グロテスクな人食い異星人、暗くジメジメした町並み、のほほんとした雰囲気、とアンバランスな要素がバランスを取り合って唯一無二の世界観を形成している。超がつくほど個性的。ラストは駆け足になってしまっているが、美しく締められている。



■□■ヒーロー■□■

チェンジング・ナウ1『チェンジング・ナウ』 全3巻
作者:UMA
出版:講談社 少年マガジンコミックス

発売日:2005/ 01/17 - 2005/09/16
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★
タイプ:少年/ラスト/打ち切り
ダサい変身ヒーロー・ドッグファイターを主人公とした、1話あたりの短いショートコメディ。父として、課長として、ヒーローしても色々悩みはあるし、悪の組織さんにも事情はある、みたいな感じにアホっぽく、時にシリアスに行われる戦い。打ち切りはされつつも、それも上手くネタに取り入れたりしながらきれいにまとまったので、ギャグ・シリアスがバランスの良い完結作品として、素直にオススメできる。


超常機動サイレーン1『超常機動サイレーン』 全4巻
作者:井原 裕士
出版:メディアワークス 電撃コミックス

発売日:2005/04/27 - 2007/09/27
お気に入り度:★★★★
オススメ度:★★★
タイプ:青年/ラスト
特殊部隊の隊員、いわゆる正義のヒロインと悪の組織のメカ開発主任がひょんなことからお付き合いを始める、ヒーロー系SFラブコメ。会社組織的な観点から描かれる正義と悪の人達の戦い(お仕事)と、正義と悪のほのぼのとした恋愛の過程が、ギャグにもシリアスにも傾きすぎずバランスよく進んでいく。絵柄には一昔前のアニメ調という雰囲気があるが、非常に安定していて読みやすい。


住めば都のコスモス荘1『住めば都のコスモス荘』 全3巻
作者:矢上 裕 原作:阿智 太郎
出版:メディアワークス 電撃コミックス

発売日:2001/01-2004/06/26
お気に入り度:★★★★★
オススメ度:★★★★★
タイプ:青年/ラスト/メディアミックス作品/アニメ有
奇妙な勧誘に引っかかり、変身ヒーローになった普通の青年・桜咲鈴雄は、宇宙犯罪人達と戦いつつ、敵味方まとめて「コスモス荘」に住むことに…。一度変身を解けば正義も悪もお互い気づかないというお約束を踏襲しつつ繰り広げられるドタバタバトル。笑いあり涙あり熱血あり。『エルフを狩るモノたち』で培われたものが詰まった、全3巻で起承転結がバッチリ収まった中編のお手本のような作品。



■□■SF■□■

セイバーキャッツ1『セイバーキャッツ』 全5巻
作者:山本 貴嗣
出版:角川書店 ニュータイプ100%コミックス

発売日:1991/09 - 1995/05
お気に入り度:★★★★
オススメ度:★★★★★
タイプ:A5/ラスト
女賞金稼ぎチカは、身一つで戦う謎の男に助けられて以来、何かと付きまとわれフォローされるが…。人類が宇宙へ飛び出した未来、世界には凶悪犯罪と銃火器があふれながら武術最強という世界観で、武術の「秘伝」を廻り起こる騒動。レトロフューチャー好きな人にはたまらない、爽快なB級映画的に良くまとまったサイバーカンフーアクション長編。


ベントラーベントラー『ベントラーベントラー』 全3巻
作者:野村 亮馬
出版:講談社 アフタヌーンKC

発売日:2009/02/23 - 2010/5/21
お気に入り度:★★★★
オススメ度:★★★
タイプ:青年/ラスト
外星生物警備課の人達が宇宙人トラブルを解決したりしなかったりする1話完結型のSFマンガ。宇宙人の闊歩する日常も地球の危機もまったりと描写。独特の味がある絵で描かれた,のほほんな雰囲気の人達といかにも異形な宇宙人たちが共存する世界観が良い味を出している。ラストのエピソードは結構唐突に訪れるが、非常に綺麗な終わり方をしたので、全3巻が良く引き締まった。


宇宙賃貸サルガッ荘1『宇宙賃貸サルガッ荘』 全4巻
作者:TAGRO
出版:講談社 KCデラックス

発売日:2009/12/22 - 2010/07/23
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★★
タイプ:青年/新装版/元ガンガンファンタジー






イハーブの生活『イハーブの生活』 全3巻
作者:小路 啓之
出版:講談社 アフタヌーンKC

発売日:2000/12 - 2002/04/23
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★
タイプ:青年






かげふみさん1かげふみさん』 全3巻
作者:小路 啓之
出版:幻冬舎 バーズコミックス

発売日:2007/09/22 - 2009/02/24
お気に入り度:★★★★
オススメ度:★★
タイプ:青年/ラスト/駆足





双月巫女1『双月巫女』 全3巻
作者:アキヨシ カズタカ
出版:メディアファクトリー MFコミックス

発売日:2006/2/23 - 2007/07/23
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★
タイプ:青年/ラスト
近未来の火星に住む巫女のヒメの日常を描いたスローライフSF。巫女さんとその友達だちの穏やかな暮らしぶりを自然の豊かな情景を交えて描写されるが、そこに加わる「ここではないどこか感」が話に良いアクセントを加える。世界観はかなりしっかいしていて、後半は物語が壮大に展開していく。話が表立って大きく動く『ヨコハマ買出し紀行』と言えばわかりやすいかもしれない。


寡黙の刻1『寡黙の刻』 全3巻
作者:よしの ひろみち
出版:集英社 ヤングジャンプコミックス

発売日:1999/02 - 2000/03
お気に入り度:★★
オススメ度:★★★
タイプ:青年
大地のほとんどが核で汚染された未来で、幸運にも開いた時空の穴から過去に向かい、未来を変えるべく核汚染の引き金となる隕石衝突の阻止に挑むタイムトラベル物。核汚染で誕生した、未来が変わると存在しなくなる新人類の存在を絡め、スリリングに展開するストーリー。キャラの心情等唐突と思われる部分もあるけれども、始めから終わりまで構想通りに描ききられた良作と思える。


空想科学エジソン1『空想科学エジソン』 全3巻
作者:カサハラ テツロー 立案:柳田 理科雄
出版:幻冬舎 バーズコミックスデラックス

発売日:2001/3 - 2002/07
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★
タイプ:A5/打ち切り
滝に囲まれた閉ざされた街から世界へ飛び出した、職工ミロと、謎の球体エジソンの大冒険。未知の文明と機械に触れるラピュタみたいな冒険感。緊急事態を、その場で装置を組み立てて乗り切ってしまうケレン味たっぷりのアクションが魅力。何冊分かと思われる壮大な時間飛ばしがあり、その分ラストに最終巻の半分以上割いていて、構想は全部披露。それが本当に面白く、そして残念。


僕と君の間に1『僕と君の間に』 全3巻
作者:鈴木 央
出版:集英社 ヤングジャンプコミックス

発売日:2004/09/17 - 2006/04/19
お気に入り度:★★
オススメ度:★★
タイプ:青年/ラスト/駆足

人々が死に絶えた箱庭の都市を脱出した少年・ホークと謎の女性・ダリアの旅の物語。柔らかくも力強い絵柄で描かれる未知の世界は魅力的。終盤に物語は一気に畳まれてしまい、展開も伏線回収もものすごくハイスピードになるけれども最初と最後が上手く繋がって非常によくまとまっている。


バルバラ異界『バルバラ異界』全4巻
作者:萩尾 望都
出版:小学館 フラワーコミックス
発売日:2003/06/26 - 2005/09/26

お気に入り度:★★★★
オススメ度:★★★
タイプ:女性
西暦2052年。“夢先案内人”の渡会時夫は、ある事件から眠り続ける少女・十条青羽の夢をさぐる仕事を受ける。夢の中で青羽が幸せに暮らす島バルバラを覗き込んだその時から、事態は大きく動き始める…。少女の夢に作られた一つの世界。超高密度なSF。終盤の怒涛のネタばらしは難解だけれども、必要なことは詰まっていて読み解いていくとすごい世界観におなかいっぱいになれる。



■□■宇宙■□■

度胸星1『度胸星』 全4巻
作者:山田 芳裕
出版:講談社 KCデラックス

発売日:2007/11/22 - 2008/02/22
お気に入り度:★★
オススメ度:★★
タイプ:A5/打ち切り/復刊/元ヤングサンデー





プラネテス1『プラネテス』 全4巻
作者:幸村 誠
出版:講談社 モーニングKC

発売日:2001/01/20 - 2004/02/23
お気に入り度:★★★★
オススメ度:★★★★★
タイプ:青年







■□■ファンタジー■□■


ドラゴンクエストモンスターズ+1『ドラゴンクエストモンスターズ+』 全5巻
作者:吉崎 観音
出版:スクウェア・エニックス ガンガンコミックス

発売日:2000/11 - 2003/3
お気に入り度:★★
オススメ度:★★
タイプ:少年/打ち切り
ゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ』の後日談として描かれたオリジナルのドラクエマンガ。作者の絵柄とゲームとの親和性がかなり高く、複数の異世界をまたぐ設定を利用して過去の勇者を登場させたり知っているとにやりとするネタがあったりとファン向け。『ケロロ』の影で人気不振により打ち切られてしまったらしくもったいないが、エピソードの区切りは良く、読んで熱くなれることは間違いない。


エビアンワンダー1『エビアンワンダー』 全4巻(REACT含む)
作者:おがきちか
出版:一迅社 ZERO-SUMコミックス

発売日:2005/11/25 - 2006/12/25
お気に入り度:★★★★★
オススメ度:★★★
タイプ:女性/ラスト/新装版+新作/元ヤングキング
悪魔と契約し悪人の魂を狩り続ける女フレデリカと弟ハウリィの旅の物語。悪人を躊躇なくぶっ殺しまくる爽快さと共に、「贖罪」をテーマに哲学チックな雰囲気も纏った若干重い欧風ファンタジー。『エビアンワンダーREACT』は無印からの続きで、全4巻で伏線をきっちり回収して完結。この回収が作品のキモなのでイッキ読みを推奨。


本の元の穴の中1『本の元の穴の中』 全5巻
作者:天乃タカ
出版:ソフトバンククリエイティブ Flex Comix

発売日:2006/12/12 - 2008/5/12
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★
タイプ:青年/ラスト




皇国の守護者1『皇国の守護者』 全5巻
作者:伊藤 悠 原作:佐藤 大輔
出版:集英社 ヤングジャンプコミックス

発売日:2005/03/18 - 2007/11/19
お気に入り度:★★
オススメ度:★★
タイプ:青年/打ち切り/原作:小説
島国<皇国>に突如押し寄せる超大国<帝国>の艦隊。将校・新城直衛中尉は圧倒的な劣勢を覆すことができるか…。
サーベルタイガーや龍等も存在するファンタジーな、かつ硬派な架空戦記。戦争を、戦況を、臨場感を伝えるその描写力。打ち切りだけどこれはすごい。これはすごい、だけど打ち切り。



■□■幽霊/妖怪■□■

花子と寓話のテラー1『花子と寓話のテラー』 全4巻
作者:えすの サカエ
出版:角川書店 角川コミックス・エース

発売日:2004/10/29 - 2005/10/26
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★★
タイプ:青年
都市伝説を信じ込んだ人間が「寓話」にとり憑かれる世界で、「寓話探偵」亜想大介が「寓話」の(トイレの)花子、助手のカナエと共に寓話絡みの事件を解決していくバトルホラーサスペンス。口裂け女、白い糸、メリーさんなど人気の都市伝説や有名な怖い話が各エピソードのモチーフになっている。勢いとハッタリ重視というか、「こまけぇこたぁいいんだよ!!」 的に物語を楽しめる人向け。


真夏の夜のユキオンナ1『真夏の夜のユキオンナ』 全3巻
作者:大山 玲
出版:講談社 ヤングマガジンKC

発売日:2004/10/22 - 2004/12/21
お気に入り度:★★★★
オススメ度:★★
タイプ:青年/新装版





ガゴゼ1『ガゴゼ』 全5巻
作者:アントンシク
出版:幻冬舎 バーズコミックス

発売日:2006/8/24 - 2008/12/24
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★★
タイプ:青年/ラスト
陰陽師に妖気を吸い取られ、少年の姿になってしまった元大鬼・ガゴゼの冒険。荒ぶる大鬼が人になってしまうことで人・人ならざる者達と出会い変わっていく、妖怪物。室町時代を舞台にしており、が古臭さを感じさせることなく良く時代物の雰囲気を出している美麗な描写が魅力。ラストも良く、ストーリーが美しい妖怪伝記としてまとまっている。


花田少年史1『花田少年史』 全5巻
作者:一色 まこと
出版:講談社 モーニングKC

発売日:2006/04/21 - 2006/4/21
お気に入り度:★★★★★
オススメ度:★★★★★
タイプ:青年/新装版/アニメ化・映画化/文庫有/元アッパーズ
近所でも一押しの悪ガキ・花田一路少年は事故で九死に一生を得て以来、幽霊が見えることで騒動に巻き込まれていく…。怖い要素一切なしの幽霊ストーリー。悪ガキと個性豊かで人情深い幽霊達とのやりとりは面白おかしくも、「幽霊の未練」を軸に語られるエピソードはどれもちょっぴり切ない。田舎の情景豊かに、クライマックスから番外編まで総じて質の高いかなりオススメな作品。



■□■コメディ■□■

僕といっしょ1『僕といっしょ』 全4巻
作者:古谷 実
出版:講談社 ヤングマガジンKC

発売日:1998/01/05 - 1998/12/02
お気に入り度:★★★★
オススメ度:★★★★
タイプ:青年





えの素1『えの素 完全版』 全3巻
作者:榎本 俊二
出版:講談社 モーニングKCDX

発売日:2008/6/23 - 2008/8/22
お気に入り度:★★★★★
オススメ度:★★★★
タイプ:青年/完全版





すべてに射矢ガール1『すべてに射矢ガール』 全5巻
作者:ロクニシ コージ
出版:講談社 ヤングマガジンKC

発売日:2001/02 - 2002/07/05
お気に入り度:★★
オススメ度:★★
タイプ:青年





菫画報1『菫画報』 全4巻
作者:小原 愼司
出版:講談社 アフタヌーンKC

発売日:1997/07 - 1999/06
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★★
タイプ:青年





ニニンがシノブ伝 (1) (Dengeki comics EX)『ニニンがシノブ伝』 全4巻
作者:古賀 亮一
出版:メディアワークス 電撃コミックスEX

発売日:2002/02 - 2006/05/10
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★★
タイプ:A5/アニメ化
謎の飛行物体で忍者の頭領を勤める音速丸、天然な忍者見習い忍、巻き込まれ一般人楓、その他愉快な忍者軍団が繰り広げるドタバタコメディ。1話完結物。音速丸のセクハラ・暴走・キャッキャウフフが主な構成要素。(声:若本規夫 )から繰り出される変態セクハラ長台詞や、同じ顔でもその台詞から個性を隠しきれない不特定多数の忍者軍団が魅力。


ももえサイズ 上巻 完全版 (DNAメディアコミックス)『ももえサイズ 完全版』 全3巻(電撃ももえサイズ含む)
作者:結城 心一
出版:一迅社 DNAメディアコミックス,メディアワークス 電撃コミックスEX

発売日:2004/4/10 - 2004/12
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★
タイプ:A5/完全版/コミック零式・電撃大王移籍
16歳の誕生日に死神になってしまった少女ももえが、死神のカマでさまざまモノを斬るコメディ。斬られた物は存在を抹消され、死神がその存在を肩代わりするので、1話ごとにももえは、消しゴ・りんごの皮・キャラの縦ロール・親友・学び舎・ブラックホールなどありとあらゆる存在を肩代わりし、力も強大に、作品タイトルエライことになっていく。小ネタがすごく多い。


びんちょうタン1『びんちょうタン』 全4巻
作者:江草 天仁
出版:マッグガーデン BLADE COMICS

発売日:2006/01/26 - 2009/02/10
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★★
タイプ:青年/ラスト/アニメ化
人里離れた山奥に一人で生活する少女「びんちょうタン」とその仲間達の慎ましくも穏やかな日々。初期は4コマで、だんだん普通のコマ割の話に。擬人化萌えから生まれたほのぼの作品、しかし少女達の貧乏生活に世界名作劇場の苦難パートに通じる切なさがある。最後におばちゃんとの涙腺刺激エピソードを持ってきて、4巻で完結。以後は同人誌で「学校編」として継続しているらしい。



■□■学生生活■□■


あずまんが大王 (1) (Dengeki comics EX)『あずまんが大王』 全4巻
作者:あずま きよひこ
出版:メディアワークス 電撃コミックスEX

発売日:2000/2 - 2002/06/06
お気に入り度:★★★★★
オススメ度:★★★★★
タイプ:A5/ラスト/4コマ/アニメ化
高校生活3年間、12ヶ月×3で36話(+α)個性豊かな少女達の日常4コマ。日常の延長にある、ちょっぴりおかしな毎日にクスリと、ときに大爆笑できる。大きな起伏はないけれど、そこには時間があって確かな物語がある。『よつばと!』を読んでいる方には修正と追加エピソードの入った新装版をオススメ。好きなのは電撃版(こちらも普通に買える)。








ジンクホワイト1『ジンクホワイト』 全3巻
作者:小泉 真理
出版:少年画報社 ヤングキングコミックス

発売日:2001/02 - 2003/04/25
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★★
タイプ:A5/文庫有





S60チルドレン1『S60チルドレン』 全4巻
作者:川畑 聡一郎
出版:講談社 イブニングKC

発売日:2004/02/23 - 2005/08/23
お気に入り度:★★★★
オススメ度:★★★
タイプ:青年





空色動画『空色動画』 全3巻
作者:片山 ユキヲ
出版:講談社 シリウスコミックス

発売日:2008/04/23 - 2009/04/23
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★★
タイプ:青年
アメリカ娘に不良パンク娘、孤独の動画娘と接点のない女子高校生3人がアニメーション製作で一つにまとまる青春ストーリー。アニメ製作中の描写として、アニメのキャラやシーンがが現実に飛び出し、主人公達と入り乱れる漫画ならではの表現が面白い。情熱が情熱を呼んで大きな何かが生まれる『ウォーターボーイズ』的な気持ちよさもあり。


ホームセンターてんこ1『ホームセンターてんこ』 全5巻
作者:とだ 勝之
出版:講談社 KCデラックス

発売日:2008/07/17 - 2010/11/17
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★★
タイプ:青年
広島出身の快活少女・典子が、自分の仇名と同じ名のホームセンター「TENCO」と出会い、DIYにはまっていく。シルバーアクセサリー等の小物からソファー・本棚などの大物、エレキギターのような変わり物まで本当に楽しそうに作るその様子に、自作欲が刺激される。使う人を考えまごころを込めて作る、それだけで暖かい。それにしても、美麗とは別のかわいい絵描くなと思う。



■□■サスペンス■□■

マイナス1『マイナス 完全版』 全3巻
作者:山崎 さやか
出版:エンターブレイン BEAM COMIX

発売日:2004/04/16
お気に入り度:★★
オススメ度:★
タイプ:青年/ラスト/完全版/元ヤングサンデー
嫌われることを極端に恐れる新卒女教師・恩田さゆりの非道徳的学園ストーリー。人に良く見られるため負の方向の努力を惜しまないさゆりの暴走がコメディタッチで描かれるが、これが話が進むにつれあまりにも常軌を逸してきて笑うに笑えなくなる、でも目が反せない。行くところまで行った作品で、オススメしないが一つのすごい作品ではある。絵は現在の作品と比べて上達前。


奇子1『奇子』 全3巻
作者:手塚 治虫
出版:講談社

発売日:1981/8/10 - 1981/10/13
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★★★
タイプ:少年/文庫有





地獄の家1『地獄の家』 全5巻
作者:GONTA
出版:講談社 アフタヌーンKC

発売日:1992/10 - 1994/05
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★
タイプ:青年/ラスト/文庫有





犯罪交渉人峰岸英太郎1『犯罪交渉人峰岸英太郎』 全5巻
作者:記伊 孝
出版:講談社 ヤングマガジンKC

発売日:2001/12 - 2006/04/06
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★
タイプ:青年




爺さんと僕の事件帖1『爺さんと僕の事件帖』 全4巻
作者:しかくの
出版:角川書店 あすかコミックスDX

発売日:2000/06 - 2003/05
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★★
タイプ:女性
祖父と二人暮らしの少年が、何かと起こる事件を祖父のアドバイスを受けながら次々と解決していく。軽いもの重いものまで取り揃えた日常ミステリー。洞察力を内に秘めた「静」の祖父と、事件に首をつっこんでいく「動」の主人公、この二人の名探偵の掛け合いは一見の価値アリ。絵も話も◎。単行本化されていなかった続きも含めた新装版が出る、予定のはず。


花園メリーゴーランド1『花園メリーゴーランド』 全5巻
作者:柏木 ハルコ
出版:小学館 ビッグコミックス

発売日:2001/09 - 2002/11
お気に入り度:★★★★
オススメ度:★★★
タイプ:青年/ラスト





キララのキ1『キララのキ』 全3巻
作者:岩館 真理子
出版:集英社 クイーンズコミックスプレミアムシリーズ

発売日:2004/08/19 - 2004/09/16
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★
タイプ:少女/新装版
"ある日、16歳の十秋は、10歳の時に木から落ちて死んだはずの同級生キララに出会う!そんなふたりの過去の秘密とは…? ミステリアスなファンタジック・ストーリー!" (カバー裏)悪夢さながらの白昼夢と現実の中でまどろみ続けるような、陰鬱で息の詰まるストーリー展開。そのなかに散りばめられた真実の断片。何度も丁寧に読み返すことで全容がみえてくる、難解で深い作りの作品。



■□■音楽■□■

マエストロ1『マエストロ』 全3巻
作者:さそう あきら
出版:双葉社 アクションコミックス

発売日:2004/07/17 - 2008/03/28
お気に入り度:★★★★★
オススメ度:★★★★
タイプ:青年/ラスト
不況で解散した日本屈指の交響楽団が謎のジジイ天道のもとに再結成し、究極の演奏にたどり着くまでを描いたクラシック漫画。コンマスを務める主人公香坂の視点から物語が描かれる。天道に振り回されながら、曲者ぞろいの楽団の面々が、その本来の力を引き出されていく。物語の締めと本当の意味でのクライマックスが重なった、ラストのコンサートシーンは圧巻。


ブラブラバンバン1『ブラブラバンバン』 全5巻
作者:柏木 ハルコ
出版:小学館 ヤングサンデーコミックス

発売日:1999/11 - 2000/11
お気に入り度:★★
オススメ度:★★
タイプ:青年/映画化





放課後ウインド・オーケストラ1『放課後ウインド・オーケストラ』 全4巻
作者:宇佐 悠一郎
出版:集英社 ジャンプコミックス

発売日:2008/07/04 - 2009/09/04
お気に入り度:★★
オススメ度:★★
タイプ:少年/打ち切り






■□■スポーツ■□■

ROAD1.jpg『ROAD』 全5巻
作者:塀内 夏子
出版:講談社 少年マガジンKC

発売日:2001/10 - 2002/12
お気に入り度:★★
オススメ度:★★★
タイプ:少年
駅伝を舞台に、訳ありの寄せ集めが集まった「混成」チームの戦いを描いた~輝ける道~3巻と、駅伝第4区で競い合った二人のマラソンでの活躍を描いた~ふたつの太陽~2巻で全5巻。ランナー達の孤独と絆。特にオススメしたいのが駅伝の方で、走者一人一人がそれぞれ苦難のドラマを乗り越えてタスキを繋ぐ話作りにはベタを感じながらも、ただひたすら熱い。


ピンポン1『ピンポン』 全5巻
作者:松本 大洋
出版:小学館 ビッグコミックススペシャル

発売日:1996/06 - 1997/08
お気に入り度:★★★★★
オススメ度:★★★★
タイプ:A5/ラスト/映画化





神々の山嶺1『神々の山嶺』 全5巻
作者:谷口 ジロー 原作:夢枕 獏
出版:集英社 BUSINESS JUMP愛蔵版

発売日:2000/12/15 - 2003/05/20
お気に入り度:★★★★★
オススメ度:★★★★★
タイプ:A5/ラスト/文庫有/原作:小説





■□■連作短編■□■

やさしいからだ1『やさしいからだ』 全3巻
作者:安永 知澄
出版:エンターブレイン BEAM COMIX

発売日:2004/05 - 2005/11/25
お気に入り度:★★
オススメ度:★★
タイプ:青年





少年少女1『少年少女』 全4巻
作者:福島 聡
出版:エンターブレイン BEAM COMIX

発売日:2002/10 - 2004/04/25
お気に入り度:★★
オススメ度:★★
タイプ:青年




群青学舎1『群青学舎』 全4巻
作者:入江 亜季
出版:エンターブレイン BEAM COMIX

発売日:2006/08/31 - 2009/02/14
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★★
タイプ:青年





■□■時代■□■

アドルフに告ぐ1『アドルフに告ぐ』 全5巻
作者:手塚 治虫
出版:講談社

発売日:1996/6/14 - 1996/10/15
お気に入り度:★★★★
オススメ度:★★★★
タイプ:少年(他判有)/文庫有





あっかんべぇ一休1『あっかんべェ一休 』 全4巻
作者:坂口 尚
出版:講談社 アフタヌーンKCデラックス

発売日:1993/12 - 1995/01
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★★
タイプ:A5/文庫有




石の花1『石の花』 全3巻
作者:坂口 尚
出版:光文社

発売日:2008/01/31 - 2008/03/01
お気に入り度:★★★★
オススメ度:★★★★★
タイプ:A5/文庫有




この世界の片隅に上『この世界の片隅に』 全3巻
作者:こうの 史代
出版:双葉社 アクションコミックス

発売日:2008/01/12 - 2009/04/28
お気に入り度:★★★★★
オススメ度:★★★★★
タイプ:A5/ラスト
第二次世界大戦中、軍港・呉の高台の町に嫁いでいった絵描き好き少女、浦野すずの日常。「広島」が話の核にあるけれど、「戦争」とか「平和」とかだけでは語れない、もっと大きな「人間賛歌」。そして伏線漫画であり、漫画でしかなし得ない漫画でもある。日常に戦火が降りかかる3巻からが本番、でも1話目から丁寧に読んで欲しい。



■□■ドラマ■□■

花やしきの住人たち1『花やしきの住人たち』 全3巻
作者:桂 明日香
出版:角川グループパブリッシング 角川コミックス・エース

発売日:2008/05/26 - 2009/01/26
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★
タイプ:青年/駆足
ビンボー高校生の桜安芸が、祖父が理事長を務める聖花女子高の寮、通称「花やしき」に住むことに。禁断の女子寮コメディ。コメディをやらせたい編集と、暗い話を描きたい作者とのせめぎあいがあった様子(あとがきから)。後半はトラウマ持ちヒロインとの鬱展開へ。消化不良気味に終わった感もあるが、氷の薄皮の上でぎりぎり成り立ったような似非ハッピーエンドがお気に入り。


東京物語1『東京物語』 全3巻
作者:ふくやま けいこ
出版:大都社

発売日:1997/01 - 1997/02
お気に入り度:★★
オススメ度:★★
タイプ:A5/ワイド版/文庫有/元アニメージュ





雨無村役場産業課兼観光係1『雨無村役場産業課兼観光係』 全3巻
作者:岩本 ナオ
出版:小学館 フラワーコミックス

発売日:2008/08/08 - 2010/04/09
お気に入り度:★★
オススメ度:★★
タイプ:少女




電波オデッセイ1『電波オデッセイ』 全3巻
作者:永野のりこ
出版:青年/復刊ドットコム

発売日:2011/02/28 -
お気に入り度:★★
オススメ度:★★★
タイプ:復刊/元アスキー





風子のいる店1『風子のいる店』 全4巻
作者:岩明 均
出版:講談社 モーニングKC

発売日:1986/12 - 1988/08
お気に入り度:★★★★
オススメ度:★★★★
タイプ:青年/文庫有
内気な性格を直す為にウェイトレスを始めた高校生風子と、喫茶店「ロドス」周辺の人情物語。珍客との触れ合いや、時に起こる大ハプニングを経て、着実に成長していく風子の変化、そして世界の広がりが心地よい。また、様々な価値観が入り組む1話1話のエピソードは単なるいい話に留まらず読者に考える余地を与える。『寄生獣』前の作品で絵柄に時代を感じるが、完成度はすでに高い。


死刑囚0421『死刑囚042』 全5巻
作者:小手川 ゆあ
出版:集英社 ヤングジャンプコミックス

発売日:2002/10/18 - 2005/01/19
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★★
タイプ:青年





星の時計のLiddell『星の時計のLIDDLE』 全3巻
作者:内田 善美
出版:集英社

発売日:1985/09 - 1986/10
お気に入り度:★★★★
オススメ度:★★
タイプ:ハードカバー





G戦場ヘヴンズドア1『G戦場ヘブンズドア』 全3巻
作者:日本橋 ヨヲコ
出版:小学館 IKKI COMICS

発売日:2003/03 - 2003/09/30
お気に入り度:★★★★★
オススメ度:★★★★★
タイプ:青年/ラスト






■□■職業■□■

西洋骨董洋菓子店1『西洋骨董洋菓子店』 全4巻
作者:よしなが ふみ
出版:新書館 WINGS COMICS

発売日:2000/06/25 - 2002/09/25
お気に入り度:★★★★
オススメ度:★★★★
タイプ:女性/アニメ化・ドラマ化/文庫有





暴れん坊本屋さん1『暴れん坊本屋さん』 全3巻
作者:久世 番子
出版:新書館 Un poco essay comics

発売日:2005/09 - 2006/10/25
お気に入り度:★★
オススメ度:★★★
タイプ:A5
マンガ家兼書店員の久世番子が本屋さんの本音や裏話を描いた赤裸々エッセイコミック。店長や同僚との、自虐の入ったコミカルなやり取りを楽しみながら、書店員の実態やあるあるネタや裏側、書籍業界のあれこれを知ることができる。違った角度から本について語られた続編っぽい作品『番線』と合わせて、「本と本屋」好きにオススメしたい作品。


神社のススメ1『神社のススメ』 全4巻
作者:田中 ユキ
出版:講談社 アフタヌーンKC

発売日:2004/12/19 - 2006/07/21
お気に入り度:★★
オススメ度:★★★
タイプ:青年





どいつもこいつも1『どいつもこいつも』 全3巻
作者:雁 須磨子
出版:白泉社 ジェッツコミックス

発売日:2005/02/28 - 2005/04/28
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★★
タイプ:女性/ワイド版/元花とゆめ





GREEN1.jpg『GREEN~農家のヨメになりたい~』 全4巻
作者:二ノ宮 知子
出版:講談社 コミックスキス

発売日:2000/01/07 - 2001/08/06
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★★
タイプ:少女/ドラマ化
田舎生活に憧れを持つ都会っ子の主人公・和子が、農家の跡継ぎ息子・誠に一目惚れし、実家に押しかけて農業の手伝いを始める…というドタバタ恋愛コメディ。農業あり、ラブあり、面白キャラあり。『のだめ』前の作品で、芸風も絵柄もこの頃すでに確立されているため、のだめキャラの情けな面白いドタバタ劇が好きであれば、おそらくこちらも楽しめる。


沈夫人の料理人1『沈婦人の料理人』 全4巻
作者:深巳 琳子
出版:小学館 ビッグコミックス

発売日:2003/06/30 - 2006/04/27
お気に入り度:★★
オススメ度:★★
タイプ:青年
美食家である夫人の無理難題に答えるべく、気弱な沈家の料理人・李三が四苦八苦する中華系料理漫画。食欲をそそる上手そうな料理描写もさることながら、おいしい料理も料理人の困り顔も欲するドSな夫人と、プレッシャーをかければかけるほど実力を発揮する李三との、ある種の愛を感じられる関係性が面白い。続編は、キャラの関係性が変わったパラレル『沈夫人の料理店』。




■□■あつい■□■

真説・ワールド・イズ・マイン1『真説 ザ・ワールド・イズ・マイン』 全5巻
作者:新井 英樹
出版:エンターブレイン BEAM COMIX

発売日:2006/08/31 - 2006/10/25
お気に入り度:★★★
オススメ度:★★★
タイプ:青年/豪華版/元ヤングサンデー
モンちゃんとトシ二人の理由なき大量殺人と逃避行、そして同時期に起きる正体不明の巨大生物ヒグマドンによる大量殺戮。未曾有の大惨事に振り回される人間達、極限の群像劇。超賛否両論でとにかく圧倒的な作品。目を覆いたくなる描写しかないので苦手な人は無理として、マンガ好きが結果好きになっても嫌いになっても、一度は読んでみて損はないと思う。


あまいぞ!男吾1『あまいぞ!男吾』 全3巻
作者:Moo.念平
出版:英知出版 トラウママンガブックス

発売日:2001/12 - 2002/02
お気に入り度:★★★★
オススメ度:★★★★
タイプ:青年/復刊/元コロコロコミック
男気溢れる主人公、巴男吾が小学・中学・高校と周りを巻き込んで大暴れするドタバタ活劇。拳と拳で語り合えば次の日は友、そういう王道をどこまでも気持ちよく行く作品。普遍的な面白さを持つ作品も時間がたつと手に入りづらくなり変にプレミアも付いてしまったりして、出版って難しいな~と思ったり(極厚復刊版も古書なら定価以下程度で買えるようだけれど)



関連記事


スポンサードリンク HR.jpg HR.jpg

2011年03月05日 | 特集 | コメント 1件 | トラックバック 0件 | TOP

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017年09月14日 / #【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)