AX

 ―INFO―

  • スポンサードリンク

しょんぼり温泉 1巻|小田扉

このエントリーをはてなブックマークに追加 カテゴリ:コミック感想  »2011年01月13日 更新

しょんぼり温泉人が触れ合う温泉街は、湯煙なくとも暖かい
しょんぼり温泉 1巻

お気に入り度:★★★
オススメ度:★★

作者:小田 扉
出版社:集英社 ジャンプコミックス
発売日:2010/12/29
【⇒試し読み】

装丁:Local support Department シマダヒデアキ 


『団地ともお』小田扉氏による、寂しい温泉街が舞台の人情コメディ。

寂れていく温泉街に危機感を持ち、観光協会長に就任した中学1年生の少女まきが、
街の活気を取り戻すために奮闘する…のは最初の1話くらいの
まったりとした笑いのある1話完結もの。

湯煙っぽい雰囲気は一切なし。
風情を求めてきた客と、やたら山と関係ないものでもてなす旅館の話や、
毎度同女優が殺されるマニアックなドラマロケの話など、
みんな真剣ながらどこか面白おかしいそれぞれのドラマ。
何となくボケが充満した雰囲気のあるなかで、
いい話っぽいようなそうでもないような、暖かくクスリと笑える
いつも通りの小田扉ワールドが展開する。

雰囲気を伝えるなら温泉街版『団地ともお』と言ったほうが手っ取り早いが、
同じ役割のキャラが1対1で対応するような類似性はないし、
人情成分高めだったりで、ともお読者でも気持ち新たに読むことができると思われる。

それにしても小田扉作品が、SQがつくにしろ、少年ジャンプレーベルで
出ているということ自体が何となく面白い。



【装丁】

タイトルと味のあるキャラ絵でギャグっぽい雰囲気は伝えつつも、
ポップにすっきりまとめた手に取りやすいデザイン。
作中の味のあるガイドマップを地面+背景にして、その上に少年・少女を立たせた
不思議な広がりを感じさせる構図が面白い。

ロゴの「温泉」部分はオレンジ+一部水色で
キャラの服の色もそれに近いチョイス。これと白っぽい地図背景とのコントラストで、
色がうるさくないものの目を引くというバランスに。

カバー下には、2色刷りでガイドマップを載せており、詳細を確認できる。

しょんぼり温泉全

最近の作品だと、『主に泣いています』『カッコカワイイ宣言』等もシマダ氏デザインであることを確認。
ギャグやコメディを積極的に担当し、面白い色選びでスタイリッシュに仕上げる傾向が見られる。
流れ的にジャンプSQの画太郎先生新作『ミトコン』なども担当して、
オシャレ画太郎カバーを生み出してくれるんではないかと密かに期待していたり。

関連記事


スポンサードリンク HR.jpg HR.jpg

2011年01月13日 | コミック感想 | コメント 0件 | トラックバック 0件 | TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)