AX

 ―INFO―

  • スポンサードリンク

【装丁】Local support Department シマダヒデアキ

このエントリーをはてなブックマークに追加 カテゴリ:デザイナー  »2010年07月21日 更新

デザイナーINDEX

■Local support Department (L.S.D. ローカルサポートデパートメント)

●メンバー:シマダヒデアキ/代表
●仕事先 :集英社、講談社
●主な装丁:へうげもの
●雑誌デザイン:ジャンプSQ
●リンク :twitter
●記事作成:2010/07/21

へうげもの

戦国の時代、「物欲」で突っ走る武将・古田織部を主人公に、わび・さびや骨董などの美的観点から歴史を面白おかしく描いた作品『へうげもの』。歴史漫画と一言では片付けられない一風変わったその作品のイメージを一目で伝えるべく、英文字和文字を取り混ぜ、毎回鮮やかなデザインで作品らしさを演出しているのが、デザイン事務所・ローカルサポートデパートメントを率いるシマダヒデアキ氏です。シマダ氏の名前を検索して真っ先に出てくるのが『へうげもの』のオフィシャルサイトで、その活動はコミックの装丁に留まらず、グッズや広告、イベントなど深く『へうげもの』に関わっておられるのをサイトで確認することができます。


シマダヒデアキ1

雑誌としては、ジャンプSQのアートディレクションを行っていたりして、確認している範囲ではその
主な仕事の舞台は集英社と講談社。ジャンプコミックの装丁を行ったり、マガジンコミックの装丁を行ったりと、
でライバル感漂う2社間でピンポイントに精力的に活動を行っているのがなんとなく印象的です。


シマダヒデアキ2

集英社『ドラゴンボール』、『スラムダンク』、そして講談社『寄生獣』、これらの完全版デザインもこちらのお仕事。例えばジャンプ作品の完全版については集英社系の作品メインのデザイン事務所Freiheitが数多く担当しており、またシマダ氏によるものはそう多く確認していませんが、そこで担当していた上記3作。やたらすごい作品をピンポイントに手がけておられます。


さて、ここからシマダ氏の装丁の傾向について。
特定の作品について、強く見られる傾向、それは「遊び」。
そのデザインに「遊び」が強く見られる作品、その一つが野中英次『魁!!クロマティ高校』です。

クロマティ高校

悪の巣窟クロマティ高校を舞台に、マスクマン・ゴリラ・ロボット・・と不良を差し置きやたら増殖する変な登場人物と終始漂う脱力感が笑いを誘う本作品。こういうギャグ系の作品については、シマダ氏はとにかく遊びます。主人公が出る割と普通の表紙は最初の1巻を含めて極わずか。実写だったり落書きだったりCGだったり、何漫画だよ!っと突っ込みを入れるような表紙、しかし本編のノリはいつでも変わらない安定感。本全体が野中英次らしさを面白おかしく体現しています。


次は西本英雄『もう、しませんから。』

もう、しませんから。

作者本人が体当たり取材を行い、それを笑いと独自の自虐的タッチで伝えるルポ漫画。ご覧の通り、かなりフリーダムです。もっとも、これっらの表紙のはっちゃけ具合には本編の企画中に表紙のデザインに関する話が盛り込まれていることが深く関係していますが、それにしてもあの手この手のアホなネタを、毎回表紙デザインに上手く落とし込むその手腕には恐れ入ります。ちなみに、その単行本デザイン企画の回にはシマダ氏本人が登場しておられるので要チェックです。


そして次に紹介するのは久保保久『よんでますよ、アザゼルさん』。
上記2作に比べると落ち着いているように見えますが、その遊び具合は決して引けを取っていません。

よんでますよ、アザゼルさん。

まず最初に突っ込みをいれたくなるのが3巻。1、2巻と白装丁でまとめてくると思ったところにいきなりの背景込みデザイン。背表紙は無難に統一してほしいと願う購入者をあざ笑うかのごとく、袖まで描き込まれたカバー1枚絵系の表紙でがらっと雰囲気を変えてきました。そして何ごともなく白系に戻る4巻。そんな感じにぱっとみ3巻が目立ちますが、その他の巻でにもふんだんに自由な遊びが盛り込まれています。わかりやすいのが各巻で全然違うロゴや巻数表記。またその都度UV加工(つるっと出っ張った表面の処理)やラメっぽい加工、またホログラムといい意味で連続性を崩す続刊アイディア。ここまでされると次の巻はどうくるかと楽しみになってきます。また、カバーの袖や裏や下、はたまた目次、奥付まで面白く埋めてやる的な気配りがそこかしこと盛り込まれていて、アザゼルさんの本は全体として本当に面白く仕上がっているので、お手元にある方は是非チェックしてみてください。


と、ここまで「遊び系」を紹介してきましたが、これらの特徴に引けを取らないくらい
印象的なシマダ氏のデザインタイプがあります。
適切な言葉がイマイチ思いつきませんが、「ポップ系」、「カラフルレイアウト系」、
そんな感じのデザインタイプです。

A-BOUT!.jpg

市川マサ『A-BOUT!』。
ポップやカラフルという言葉を使ってどういう風にくくりたいかはだいたいわかりますでしょうか。
スプレーのような効果を駆使しながら、イラストの線関係なしに配置されたカラーが
破天荒で茶目っ気たっぷりのヤンキー漫画の表紙としてよくマッチしております。


DON`T TRUST OVER 30

TAGRO『DON'T TRUST OVER30』。
白地に青や赤、黄色で構成されたキャラ絵や文字。
非常にさわやかでポップな美しい仕上がりです。
また、よく見るとはっきりとしたピンク他に、
カバーの奥にぼんやりとピンクの模様が浮かんでいるのですが、
こちらは薄いカバーの下から透けて見えるカバー下の模様がその正体。
実物は、手にとって貰わないと伝わないほど手が込んでいます。
漫画家の瀬口たかひろ氏もその装丁について、どういう過程を踏んでいるのか
 不思議に思っていたり
。デザインの道筋はいろいろあるようですね。)


さよならフットボール

新川直司『さよならフットボール』。
先に挙げた2作と比べると大分色的に抑えているようにも見えますが、
この赤と青と白の組み合わせ、本棚に入れて背表紙だけ見えるようにした
ときを含め、結構目立ちます。
おそらく2巻で完結するであるこの作品、次巻の色が気になります。


<おまけ>

もう、しませんから。シマダヒデアキ

西本英雄氏によるシマダヒデアキ氏(もうしませんから4巻)

関連記事


スポンサードリンク HR.jpg HR.jpg

2010年07月21日 | デザイナー | コメント 0件 | トラックバック 0件 | TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)