AX

 ―INFO―

  • スポンサードリンク

べっちんとまんだら | 松本次郎

このエントリーをはてなブックマークに追加 カテゴリ:コミック感想(2009発売)  »2010年01月15日 更新



生と死の中継点である河川敷には、死んだ杉並区民の霊魂が集められる。とあることから、女子高生のべっちんとまんだらは、管理人助手としてゾンビ退治をするようになるが――。

これは帯の紹介文。これだけ読むとゾンビ漫画。決して嘘を言っているわけではなく、ゾンビ退治シーンは本作の絵的な見せ場にもなってはいますが、中身はゾンビ退治というより、そういうものが出てくる世界での「べっちん」と「まんだら」の噛みあわないやりとりがメイン。

べっちん2
▲拳銃を持っている方がべっちん、「やんすか?」がまんだら

河川敷に住み着いたべっちんと、彼女につきまとうまんだら2人の会話や交遊が作品のほとんどを占めていますが、特にまんだらの方が色々と危うく、この2人のコミュニケーションがとにかく噛みあっていません。精神破綻したやりとりが面白おかしく描かれていてそこが楽しむポイントなのかもしれませんが、これは読んでいて結構疲れます。わけがわかりません。ふわふわしている松本作品の中でも特段頭がおかしく仕上がっていると思われます。

世界観は荒廃した街、爆撃する戦闘機、実態の掴めない戦争、とお馴染み。しかし、何故か今回は登場人物が直球なジブリネタを口走ったり作者の自虐ネタを喋ったりするおかげで作品の世界が「松本次郎の漫画の中」というメタっぽい雰囲気になっているのも本作の特徴。

べっちん3
▲何故か直接的なジブリネタが多発

本当に読んでいて精神的に疲れる作品だったのですが、荒涼感をリアルに感じさせる河川敷の描写、中盤の大量ゾンビ退治シーン、切なくまとまったラスト、そしてイメージ力溢れるラストシーン、そこらへんは大変良かったポイント。

なんだかまとまりがなくなってしまいましたが、結局これはオススメなのかと言うと、定価(1280円+税)で買うのはちょっと冒険。ファンの中でも好みが分かれる予感です。でも某オフ等で100円で売っていたら迷い無く確保してください。
関連記事


スポンサードリンク HR.jpg HR.jpg

2010年01月15日 | コミック感想(2009発売) | コメント 0件 | トラックバック 0件 | TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)