AX

 ―INFO―

  • スポンサードリンク

★ひみつの階段 全2巻 | 紺野キタ

このエントリーをはてなブックマークに追加 カテゴリ:コミック感想(2009発売)  »2009年10月01日 更新



歴史ある女子高校とその寄宿舎を舞台にした、少女達の不思議と青春の学校生活。
最も好きな漫画の1つです。

古びた校舎や寄宿舎にはそこを通った人の数だけ想いが詰まっていて、その想いに触れた少女達がちょっとした不思議を経験することで、励まされたり、気付かされたり、背中を押されたり。不思議な現象事態に物語が引っ張りまわされることなく、悩める少女達が前へ進むのをちょっとしたファンタジーが後押しする、そのバランス感覚が絶妙。

1話完結で全てのエピソードは基本的に独立。複数回登場する主人公のなっちゃんを皮切りに、さまざまな時代にその学び舎にいた16・17の少女達の青春が描かれます。沢山の時系列が存在するので、時系列を整理してキャラ同士の繋がりを読み解く楽しみもあり。学園ファンタジーのわりに恋愛成分が少ないのも特徴で、どのエピソードも後味よくまとまっていて、温かかったり、ちょっぴり切なかったりほど良い読後感。

見事なくらいに乙女な絵柄ですが、癖が無くすっきりと透明感があって男性でもかなり読みやすい部類に入ると思います。この作品は1995年から2002年にかけて描かれていますが、絵柄と、寄宿舎というある種の非日常空間を舞台にしていること、普遍的な内容を扱っていることで、
今読んでも古臭さをほとんど感じさせません。

2度目の復活にしてA5判のひみつの階段1、2巻とB6判「ひみつのドミトリー/乙女は祈る」がまとめられ、オークション等で高値で取引されていた同人誌『秘密のひみつの階段』収録の「学園祭に行こう」、『コミックFantasy vol.1』 収録の「MAZE」も加えられ、描き下ろしまで収録された正真正銘の完全版。

少女漫画に抵抗がなく、学園モノが好きだったり質の高い連作短編系を欲していたりする人に強くオススメします。

LINK:~年表・名簿など~
作者サイトに以前存在していたちょっとしたまとめ(web archiveより)。
目を通しておいて損はないと思われます。

関連記事


スポンサードリンク HR.jpg HR.jpg

2009年10月01日 | コミック感想(2009発売) | コメント 1件 | トラックバック 0件 | TOP

コメント

応援してます!

先日、古本屋で偶然出会った ひみつの階段に一目惚れ。
いろいろ調べていたら、このブログに辿り着きました。

装丁ネタ以外にも良質のレビューばかりで、ゴールデンウィークの積み本が一気に増えちゃいましたw

これからも、更新頑張ってください!!

2013年04月25日 / クロ #dTDYUgsYURL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)