AX

 ―INFO―

  • スポンサードリンク

○ラ・プティット・ファデット La Petite Fadette| しかくの

このエントリーをはてなブックマークに追加 カテゴリ:コミック感想(2009発売)  »2009年09月29日 更新


とある汽車で静かに探偵小説を読みふける乗客に、男が「恋愛小説」を語りだす…。

「爺さんと僕の事件帖」のしかくの氏、久々の新作。帯の文句は「綾辻行人、唸る」。物語は、固い絆で結ばれた双子の兄弟2人と一人の女性の愛と青春を軸に描かれていますが、作品が本格ミステリ・コミックと銘打たれている通り、ラストには当然ミステリ的なオチが用意されています。

この作品の感想を一言で言うと「うまい」。原作は「愛の妖精」という海外の青春小説らしいのですが、そこにミステリ要素を加え、恋愛とミステリをバランスよく配合して1冊で綺麗に終わるよくまとまった作品に仕上げれています。キャラの端整な絵柄も異国感に非常によく合っていて、
ストーリーとの相性もバッチリ。読みやすいです。

逆に、恋愛要素とミステリ要素を1冊にまとめているのでどちらも若干中途半端になっているのが欠点と言えば欠点。個人的には、この作品のまとまり具合や構造的な上手さに面白さを感じられますが、アマゾンレビューで恋愛物として、ミステリとしてどちらかに重きを置いて期待をしたために、評価を下げた人の意見も理解できるところはあります。

ところで、「ファンなら買い」というレビューが当たり前すぎて何も言っていない駄目なレビューの一例として挙げられているのをどこかで見たことがある気がしますが、駄目なレビューをさせていただきます。「爺さんと僕の事件帖」が好きな方には、迷わずオススメです。とにかく、読んでください。読めばわかります。
関連記事


スポンサードリンク HR.jpg HR.jpg

2009年09月29日 | コミック感想(2009発売) | コメント 0件 | トラックバック 0件 | TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)