AX

 ―INFO―

  • スポンサードリンク

売る漫画2

このエントリーをはてなブックマークに追加 カテゴリ:売る漫画  »2009年09月12日 更新

売る漫画。備忘録も兼ねているのでネタバレ注意。



ヤフオクの抱き合わせ副産物。
認知症の同僚暗殺を命じられた殺し屋「林宏」の困難。
鳥取砂丘で相打ちエンド。
下手ウマ未満の絵と妙なストーリー展開が合わさって味のある作品に。
確か雑誌掲載時は砂埃で2人の生死不明エンド。
全1巻。

光 (1) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
凜野 ミキ
一迅社

宿命を思い出した「星」「星座」達が
それぞれ超能力で殺し合いを始めるバトルロワイアル系。
偽善、暴力、無関心、無神経、強欲、冷酷、etc…と登場人物に考えうるありとあらゆる
黒い属性が付加されていて、それらが織り成す物語はグロく不快。
その圧倒的な人間の気持ち悪さに目が離せなくなる。
そんなタガの外れたストーリーのせいか4巻で突如終了。
ラストは夢からさめるとそこは崩壊した街で主人公とヒロイン2人っきりという
時間とばし打ち切りエンドだけれど、これが不思議と嫌いではない。
全4巻。

日常 1 (角川コミックス・エース 181-1)
あらゐ けいいち
角川書店

平凡ではない、けれど日常。
変な高校生達が送るぬるくてシュールなギャグ。
たまに大笑い。
3巻まで。


ディエンビエンフー (100%コミックス)
西島 大介
角川書店

現在IKKIで連載している同名作品の原型。
ファンシーなベトナム戦争。
不完全燃焼。
全1巻。

しこたま (Seed!comics)
鈴木 典孝
ぺんぎん書房

確かぺんぎん書房時代のCOMIC SEED!初期作品。
鯷田昆の持つ“至高の魂”を手に入れるべく
あの手この手を繰り広げる悪魔っ娘マコちゃん。
しかし何度悪魔の契約で命を吸い取っても死なないと思ったら
神様の一部だったというオチ。
作者は『キャッ党忍伝てやんでえ』デザイン担当。
ネームが究極的に読みづらい。
全1巻。

ふくふく。 (Seed!comics)
ふる鳥 弥生
ぺんぎん書房

こちらも確かCOMIC SEED!初期作品。
中華っぽい町の料理店2代目審査。
絵柄が綺麗。
料理はちょい役。
全1巻。

幽霊旅行代理店ソウルメイトツーリスト 1
ふる鳥 弥生 根本 新
講談社

ひょんなことから幽霊向けの旅行代理店に務めることになった
少女、遠野真理子の奮闘。
『ふくふく。』からさらに画力アップ。
幽霊から徹底的に怖さを排除しているので
中身はほぼ人情物で、普通に面白い。
しかしまったく怖い要素がないのも物足りない。
幽霊を強制成仏させるライバル機関が出たりするものの
打ち切りでなし崩し的に和解。
全4巻。

少女奇談まこら 1 (SPコミックス)
平野 俊貴 植竹 須美男
リイド社

少女まこらが母を探し、妖怪と渡り合う
少女版ゲゲゲの鬼太郎。
ハイセンス。
月刊少年ファングと共に沈没。
復活したら買う。
全2巻。

DANCE DANCE DANCE! (1)
森田 柚花
マッグガーデン

「さようなら。わたしの愛した曲がり角。」
キャッチコピーに釣られて購入。
タイムスリップファンタジー物。
放置、そして消滅。
全2巻。


リアル系猫4コマ、時々非4コマ。
何となく面白い。
2巻まで。


関連記事


スポンサードリンク HR.jpg HR.jpg

2009年09月12日 | 売る漫画 | コメント 0件 | トラックバック 0件 | TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)