AX

 ―INFO―

  • スポンサードリンク

★愛人-AI・REN- 特別愛蔵版 | 田中ユタカ

このエントリーをはてなブックマークに追加 カテゴリ:コミック感想(2009発売)  »2009年05月25日 更新


滅び行く世界で余命僅かの少年・吉住生(ヨシズミイクル)と人造遺伝子人間"愛人(アイレン)"
の少女・あいの力強い"生"を綴った長編ラブストーリー。

2004年に完結し、その美しい物語が大きな反響を生んだ名作が
特別愛蔵版・上下巻となって発売されました。
内容については今回話したい部分ではないので割愛。
愛蔵版の帯に取り上げられるほど愛と情念のつまったAmazonレビューの数々をご覧ください。

●愛人 -AI・REN- 5 Amazon

すでに旧版は購入しており、レビューサイトを廻ってみると賛否両論あるようですが、
自分は完全肯定でした、表紙以外は



愛人という大きく赤いロゴ、にっこりと微笑む童顔少女、オカッパ、ブルマ。
背表紙も白を背景に赤い「愛人」ロゴと少女の顔アップ。

中身的に間違っているわけではないものの、
これらの要素が絶妙なバランスで交じり合って超絶的に恥ずかしい表紙を形成。
ちょっとロリな作品と一緒にしてもしなくても
知らない人に見せたら勘違いされること請け合いです。
読むジャンルを手広く広げていくうちに麻痺していき、
少女漫画程度を買うのも飾ることにも何の躊躇いもなくなったマイハートが、
これを本棚に収めようとすると「それだけは無理」と悲鳴を挙げ、
光の当たらぬ場所に封印することを余儀なくされていました。

そんなわけでついに発売された愛蔵版。
携帯小説を彷彿とさせる無難な空をカバーに纏い生まれ変わった
愛人にもはや死角はなし。今は浮くことなく本棚に収まっています。


愛人本棚


愛人は漫画が好きな方に1度は試してみてほしい作品。
買いやすい装丁となった愛蔵版が出た今、オススメしてみます。


▼おまけ・誤解を誘発する本配置▼











愛人、違和感なし。
罪作りな表紙の「花子と寓話のテラー」4巻も巻き添えにしてみました。

関連記事


スポンサードリンク HR.jpg HR.jpg

2009年05月25日 | コミック感想(2009発売) | コメント 0件 | トラックバック 0件 | TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)