AX

 ―INFO―

  • スポンサードリンク

[特集]泣いた漫画

このエントリーをはてなブックマークに追加 カテゴリ:特集  »2009年05月11日 更新

泣いた漫画。
泣ける漫画というより、管理人の泣きポイントということでご参考まで。


寄生獣 (8) (アフタヌーンKC (76))
岩明 均 講談社

胸の穴、ただいま。
数ある漫画の『解決』のなかで
最もすばらしいものの一つだと思える。



最高のラスト1ページ。



数々の別れのたびに何回でもこみ上げてくる。


サイコスタッフ (まんがタイムKRコミックス)
水上 悟志 芳文社

ラスト感謝シーン。
粋。


のらみみ 7 (7) (IKKI COMIX)
原 一雄 小学館

エピソード「古い居候の世界・後編」にて。
鮮やかに美しい。


住めば都のコスモス荘 3 (3) (電撃コミックス)
矢上 裕 阿智 太郎 メディアワークス

最終話。
エルフを狩るモノたちで培ったものを遺憾なく発揮。
すごく洗練されている。
3巻とは思えぬ熱さと盛り上がり。


One piece (巻8) (ジャンプ・コミックス)
尾田 栄一郎 集英社

海上レストラン編。
ONE PIECEで涙が出たのは後にも先にもここだけ。


はるかリフレイン (Jets comics (702))
伊藤 伸平 白泉社

奇跡の進研ゼミ漫画。
余韻の残るラスト。


愛人-AI・REN- 下 特別愛蔵版 (ジェッツコミックス)
田中 ユタカ 白泉社

恥ずかしい表紙に堪えて買った甲斐があった(旧版)。
良い涙。



エピソード「最後の一葉」にて。
痛ましいのはつらいね。


怪獣の家 2 (2) (ビッグコミックス)
星里 もちる 小学館

ベテランらしい美しいベタ。


チキタ★GUGU 8 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)
TONO 朝日新聞社

最終巻だけでなく、泣き所多数。
すごく唐突にやってくる。


びんちょうタン 4巻 (4) (BLADE COMICS)
江草 天仁 マッグガーデン

ラストの手紙。
おばあさんネタは反則だと思う。



究極の打ち切りラスト。
最後の数ページまで涙が出るとは思いもよらず。


G戦場ヘヴンズドア 3 (3) (IKKI COMICS)
日本橋 ヨヲコ 小学館

エロかったりどろどろぐちゃぐちゃだったり。
しかしその中にある少年漫画のような真っ当な熱さに触れ、涙が出る。


ゆうやみ特攻隊 1 (1) (シリウスコミックス)
押切 蓮介 講談社

1巻ラストを読むと何故か高ぶってしまう。
他に紹介している漫画は大なり小なりそういう評判があったりするけど、
これは多分自分だけ。


夏目友人帳 3 (3) (花とゆめCOMICS)
緑川 ゆき 白泉社

第十話にて。


君に届け (2) (マーガレットコミックス (4094))
椎名 軽穂 集英社

2巻ラスト。
ド直球ストレートにやられた、くやしい。 
作品が綺麗に終わってくれることを切に願う。


自虐の詩 下巻
業田 良家 竹書房

「ラストに泣ける漫画」という余計な情報を聞いていても泣いた。
実に普遍的で、これは本当にすごい泣かせ方だと思う。


以上。
どれもこれも少し以上感情を揺り動かされた漫画として、
泣く泣かない関係なしにオススメです。

関連記事


スポンサードリンク HR.jpg HR.jpg

2009年05月11日 | 特集 | コメント 0件 | トラックバック 0件 | TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)