AX

 ―INFO―

  • スポンサードリンク

◎スミレ16歳!! 5 | 永吉たける

このエントリーをはてなブックマークに追加 カテゴリ:コミック感想(2009発売)  »2009年05月01日 更新

謎のオヤジが操る腹話術人形女子高生・四谷スミレがドタバタを引き起こす学園コメディ。オヤジの操るスミレのおせっかいに巻き込まれたクラスメイト達は、始めはオヤジを奇異の目で見ながらもその真っ直ぐな瞳に次第に心を開いて、「スミレ」を認めていく・・・といったストーリー。オヤジの操るスミレを女子高生として認識しながら、本体がオヤジであることも決して忘れない、友人達とスミレ+オヤジの独特の距離感が秀逸で、笑いあり涙ありの本作。しかし残念ながら打ち切りで最終巻となってしまいました。

打ち切りは、作り上げられた世界が作者の志半ばで終わらせられてしまう非常に残念な出来事ですが、打ち切られる最中に最後の強い光を放つ漫画が稀にあります。そしてこの作品も、最後の時に打ち切りに負けない眩しい光を放ちました。

謎が明かされるわけでもなく、大きな困難が解決されたわけでもなく、それは単なる1ページ。字面で説明したら野暮な、漫画であったからこそ表現できたそれ。この上ない締めくくりに感動した素晴らしい最終巻だったということで、スミレ17歳を含めた全7巻、良作としてオススメします。
関連記事


スポンサードリンク HR.jpg HR.jpg

2009年05月01日 | コミック感想(2009発売) | コメント 0件 | トラックバック 0件 | TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)