AX

 ―INFO―

  • スポンサードリンク

〇伊藤潤二の猫日記よん&むー | 伊藤潤二

このエントリーをはてなブックマークに追加 カテゴリ:コミック感想(2009発売)  »2009年04月30日 更新


ホラー漫画家・伊藤潤二氏の実録猫飼育日記漫画。

エッセイ漫画やレポート漫画にはあまり手を出さないのですが、コレは読んでみて正解。猫との日常を面白可笑しく描いた普通のエッセイ的な内容なれど、絵柄・演出がいつもの伊藤潤二。ページをめくるとうずまき人間や歩く魚が出ても違和感のない雰囲気そのままに、おぞましくも微笑ましく猫との触れ合いを描く絶妙にシュールなさじ加減。

ただ猫と戯れるシーンだけで笑わされてしまいますが、最も面白く描かれているのが奥さん(表紙参照)。
石黒亜矢子というもちろん実在の人物ですが、漫画で登場する彼女の瞳は、ほとんどのシーンで白目。突っ張った頬を強調するラインに、トレードマークであるシマシマのズボン。この奥さんの挙動が反則的に面白く、その存在感は福満しげゆき漫画の奥さん並み。普段薄幸な美少女をよく描く氏にしては奥さんに対してあまりにも酷い描きようで、案の定怒られたようです。

色々と確信犯的に描かれており笑いの耐えない本作ですが、読んでいて作者が飼い猫のよんとむーを愛していることがちゃんと伝わってくるのはさすが。猫のふとしたときの表情とかちょっとした仕草とか、ベテラン漫画家の観察眼が光っています。笑わされながら、きまぐれな猫と暮らすことの魅力も知ることが出来て、良い読後感を得られました。

一通り氏の普通の漫画を読んだ後、本作を読んでみることをおすすめします。
関連記事


スポンサードリンク HR.jpg HR.jpg

2009年04月30日 | コミック感想(2009発売) | コメント 0件 | トラックバック 0件 | TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)