AX

 ―INFO―

  • スポンサードリンク

シュメール星人 | ツナミノユウ

このエントリーをはてなブックマークに追加 カテゴリ:コミック感想(2009発売)  »2009年03月29日 更新



宇宙船で地球に流れ着いた異星人、シュメール星人。地球を驚きと興奮で包んだのも束の間、その文明水準が地球より20年遅れていると発表されるやいなや、瞬く間に世間の興味から離れていった。そんな彼らを受け入れるためのテストケースとして、一人のシュメール星人・シュメールさんに「2年間日本で無事に平穏暮らし遂げる」という指令が下った…という異星人日常コメディ。

ウルトラジャンプが贈る無料WEB増刊、ウルトラジャンプエッグにて連載中。


ジャンルから予想されるような、文化の違いによるドタバタ珍騒動が起こるわけでもなく、主人公のシュメールさんはごくごく真面目な常識星人。ただし間と運が極端に悪い。毎回毎回、持ち前の親切心、正義心が災いしてトラブルに巻き込まれたり、異星人よりよっぽどエイリアンな日本人に翻弄されたりで、最後には涙を呑むことに。

絵柄はジャンプの新人読みきり的な粗削りさがありますが、それが味になっている感じ。日常でであってもおかしくないような理不尽さや不条理さを描くのが上手いのですが、それを被るシュメールさんがとにかくいい人なので、彼の孤独な奮闘ぶりが笑えて、そして切ないです。読んだ後で、人にやさしくしようと思える良い漫画だと思います。

主人公のキャラは良い感じですが、他にレギュラーキャラがいないのが寂しいところ。主人公の孤独感を出すために知人を増やすと弊害が出てくるのかもしれませんが、もう少し賑やかでもいいかなと思うので、そこらへんは次巻に期待です。

関連記事


スポンサードリンク HR.jpg HR.jpg

2009年03月29日 | コミック感想(2009発売) | コメント 0件 | トラックバック 0件 | TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)