AX

 ―INFO―

『僕だけがいない街』の真犯人を推理する(4巻時点)

このエントリーをはてなブックマークに追加 カテゴリ:特集  »2014年06月29日 更新

僕だけがいない街 (1) (カドカワコミックス・エース)僕だけがいない街 (2) (カドカワコミックス・エース)僕だけがいない街 (3) (カドカワコミックス・エース)僕だけがいない街 (4) (カドカワコミックス・エース)

僕だけがいない街
作者:三部けい 出版:角川書店 既刊4巻


「同級生の少女の死」「連続誘拐殺人事件」
「救えなかった友人」「犯人の正体…。」

“過去”に起きた出来事に向き合う時、青年の“今”が動き始める…!!


(単行本1巻あらすじより)

 何かの危険が起こったときに【時が巻き戻る】という現象に見舞われる主人公、28歳漫画の藤沼悟が過去と現在を行き来して、過去の悲劇に立ち向かうタイムリープミステリーで、今最も続きが気になる作品のうちの一つ、『僕だけがいない街』、通称『ぼくまち』(とは多分言われていない)。

 時間跳躍と過去改変で圧倒的な絶望に立ち向かうそのストーリーテリングの吸引力もさることながら、やはり最大の関心事は犯人は誰か。本記事では、4巻分溜まった伏線を拾い上げて、過去から現在へと悲劇を繰り返す連続誘拐殺人事件の犯人の正体を推理してみました。当たっていようが当たっていまいが、ネタバレしかしていないのでご注意ください。



【続きを読む】

関連記事

スポンサードリンク HR.jpg HR.jpg

2014年06月29日 | 特集 | コメント 9件 | トラックバック 0件 | TOP

ジャケ買いの種(2014年6月前半)

このエントリーをはてなブックマークに追加 カテゴリ:最近の気になる装丁  »2014年06月15日 更新

前回次回

最近装丁の気になった、発売中/発売予定のコミックを、
アマゾンの特大書影を使って無造作に並べておく個人用メモです。
順不同。

※ページが長いです。続きを読むからご覧ください。



【続きを読む】

関連記事

スポンサードリンク HR.jpg HR.jpg

2014年06月15日 | 最近の気になる装丁 | コメント 0件 | トラックバック 0件 | TOP

ジャケ買いの種(2014年5月後半)

このエントリーをはてなブックマークに追加 カテゴリ:最近の気になる装丁  »2014年06月01日 更新

前回次回

最近装丁の気になった、発売中/発売予定のコミックを、
アマゾンの特大書影を使って無造作に並べておく個人用メモです。
順不同。

※ページが長いです。続きを読むからご覧ください。



【続きを読む】

関連記事

スポンサードリンク HR.jpg HR.jpg

2014年06月01日 | 最近の気になる装丁 | コメント 0件 | トラックバック 0件 | TOP