AX

 ―INFO―

【装丁】セキネシンイチ制作室

このエントリーをはてなブックマークに追加 カテゴリ:デザイナー  »2010年03月28日 更新

デザイナーINDEX

■セキネシンイチ制作室

●メンバー:関根信一
●仕事先 :エンターブレイン,小学館
●レーベル:BEAMCOMIX,IKKI,ビッグコミックス系,etc…
●主な装丁:山川直人作品,安永知澄作品,羽生生純作品,宇宙兄弟
●雑誌デザイン:コミックビーム
●リンク :公式サイト|twitter
●記事作成:2010/03/28

セキネシンイチ制作室2

ビームコミックスについて前身にあたるアスキーコミックス時代からその装丁を手がけるエンターブレインにゆかりあるデザイナー。ビームコミックスの装丁担当をチェックしたときに高確率で当たるのがこちらです。IKKIやビッグコミックス系の装丁も担当、角川(図右下「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」等杉基イクラ作品)や講談社等にも進出しているようです。

デザインの傾向としては、キャラの塗りに肌色の使われない、デザイン色が強く、
かつシックで落ち着きのあるタイプの装丁が多いという印象。


セキネシンイチ制作室の装丁の中で、個人的に印象深いのが山川直人作品。シリーズ作品であるコーヒーもう一杯を手始めとして、短編集や他の出版社で刊行されていた作品や自費出版作品など、ビームコミックスレーベルで出版される山川作品のデザインは同一のフォーマットで綺麗に統一されています。

その山川作品装丁の大きな特徴が帯。カバーを半分以上を占める、キャラ絵の入った帯を外すと物語にまつわるアイテムや風景が添えられているというのが基本。(帯に宇宙人を添えた短編「地球の生活」では、帯を外すと逆に「人間」が出てきたりします)

コーヒー比較
▲「コーヒーもう一杯」、帯あり(右)と帯なし(左)

もう表紙といって差し支えない帯は取り外すと大きく印象が変わるため、これらの帯は捨てるのがもったいない。

コーヒー背表紙
▲帯あり背表紙。個人的にこちらの方が好み


また、セキネシンイチ制作室ではビームの安永知澄作品も担当。

安永知澄

これらの装丁では、どれもキャラが顔を見せていないのが大きな特徴。
ちなみに太田出版でも安永作品が単行本化されましたが、普通にキャラが顔出ししているのが妙に新鮮だったりしました。

デザイナーINDEX

関連記事

スポンサードリンク HR.jpg HR.jpg

2010年03月28日 | デザイナー | コメント 0件 | トラックバック 0件 | TOP

2010年 4月コミック新刊チェック

このエントリーをはてなブックマークに追加 カテゴリ:コミック発売日  »2010年03月07日 更新

2010年 4月購入予定。
BOOKS INDEXまんが王倶楽部参照)

(注)リンク先はamazonの作品検索結果です。

8  侵略!イカ娘 6  安部 真弘
9  町でうわさの天狗の子 6  岩本 ナオ
9  雨無村役場産業課兼観光係 3(完)  岩本 ナオ
9  3月のライオン 4  羽海野 チカ
10 タビと道づれ 6(完)  たなか のか
10 戦国妖狐 4  水上 悟志
13 第七女子彷徨 2  つばな
13 青空にとおく酒浸り 1  安永 航一郎
14 エスプレッソを2杯  高浜 寛
16 新 仮面ライダーSPIRITS 2  村枝 賢一
19 ゆるゆる たかみち
21 とろける鉄工所 4  野村 宗弘
23 おおきく振りかぶって 14  ひぐち アサ
24 あかい他人  山川 直人
24 ニコイチ 7  金田一 蓮十郎
26 アクジキ 1  鈴木 小波
26 のだめカンタービレ 24  二ノ宮 知子
27 GUNSLINGER GIRL 12  相田 裕
27 電撃テンジカーズ 2  古賀 亮一
28 オレたま 6(完)  瀬口 たかひろ
30 エンマ 6  ののやま さき
30 それでも町は廻っている 7  石黒 正数
下 そして船は行く完全版 3  雑君 保プ


関連記事

スポンサードリンク HR.jpg HR.jpg

2010年03月07日 | コミック発売日 | コメント 0件 | トラックバック 0件 | TOP

【装丁】寄藤文平

このエントリーをはてなブックマークに追加 カテゴリ:デザイナー  »2010年03月03日 更新

デザイナーINDEX

■寄藤文平

●名前  :寄藤文平 (Yorifuji Bunpei)
●仕事先 :角川書店
●レーベル:角川コミックス・エース,怪COMIC
●リンク :公式サイトwikitwitter
●記事作成:2010/03/03

寄藤文平

広告デザインとイラストレーションを中心に、CF、パッケージ、装丁、書籍著作などジャンルを問わず活動するADであったりイラストレーターであったりもするデザイナー。コミックの装丁では角川書店の山崎峰水作品、大塚英志原作の作品でそのお仕事を確認。

広告デザインのプロということもあって、寄藤氏が手掛ける装丁にはどれもキャッチーさがありますが、特に注目したいのが「黒鷲死体宅配便」。作者のキャラ絵を用いず、死体というダークな素材をオシャレさすら感じさせる味付けでイラストに添えたハイセンスな表紙は、本を手に取らせるほどの吸引力を持つとともに、グロテスク要素のある中身にもマッチ。広告デザイナーとしての手腕が遺憾なく発揮されております。広告的なアートという観点では、「とでんか」も同じ系統の表紙で、デザイナーが同じということはすぐに感じとれました。

「探偵儀式」は最終巻が2冊の合わせ表紙。合体表紙は上下巻作品で見かけますが、こちらは漫画と小説での合体表紙というところがポイントです。

デザイナーINDEX

関連記事

スポンサードリンク HR.jpg HR.jpg

2010年03月03日 | デザイナー | コメント 0件 | トラックバック 0件 | TOP