AX

 ―INFO―

○ラ・プティット・ファデット La Petite Fadette| しかくの

このエントリーをはてなブックマークに追加 カテゴリ:コミック感想(2009発売)  »2009年09月29日 更新


とある汽車で静かに探偵小説を読みふける乗客に、男が「恋愛小説」を語りだす…。

「爺さんと僕の事件帖」のしかくの氏、久々の新作。帯の文句は「綾辻行人、唸る」。物語は、固い絆で結ばれた双子の兄弟2人と一人の女性の愛と青春を軸に描かれていますが、作品が本格ミステリ・コミックと銘打たれている通り、ラストには当然ミステリ的なオチが用意されています。

この作品の感想を一言で言うと「うまい」。原作は「愛の妖精」という海外の青春小説らしいのですが、そこにミステリ要素を加え、恋愛とミステリをバランスよく配合して1冊で綺麗に終わるよくまとまった作品に仕上げれています。キャラの端整な絵柄も異国感に非常によく合っていて、
ストーリーとの相性もバッチリ。読みやすいです。

逆に、恋愛要素とミステリ要素を1冊にまとめているのでどちらも若干中途半端になっているのが欠点と言えば欠点。個人的には、この作品のまとまり具合や構造的な上手さに面白さを感じられますが、アマゾンレビューで恋愛物として、ミステリとしてどちらかに重きを置いて期待をしたために、評価を下げた人の意見も理解できるところはあります。

ところで、「ファンなら買い」というレビューが当たり前すぎて何も言っていない駄目なレビューの一例として挙げられているのをどこかで見たことがある気がしますが、駄目なレビューをさせていただきます。「爺さんと僕の事件帖」が好きな方には、迷わずオススメです。とにかく、読んでください。読めばわかります。

関連記事

スポンサードリンク HR.jpg HR.jpg

2009年09月29日 | コミック感想(2009発売) | コメント 0件 | トラックバック 0件 | TOP

売る漫画2

このエントリーをはてなブックマークに追加 カテゴリ:売る漫画  »2009年09月12日 更新

売る漫画。備忘録も兼ねているのでネタバレ注意。



ヤフオクの抱き合わせ副産物。
認知症の同僚暗殺を命じられた殺し屋「林宏」の困難。
鳥取砂丘で相打ちエンド。
下手ウマ未満の絵と妙なストーリー展開が合わさって味のある作品に。
確か雑誌掲載時は砂埃で2人の生死不明エンド。
全1巻。

光 (1) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
凜野 ミキ
一迅社

宿命を思い出した「星」「星座」達が
それぞれ超能力で殺し合いを始めるバトルロワイアル系。
偽善、暴力、無関心、無神経、強欲、冷酷、etc…と登場人物に考えうるありとあらゆる
黒い属性が付加されていて、それらが織り成す物語はグロく不快。
その圧倒的な人間の気持ち悪さに目が離せなくなる。
そんなタガの外れたストーリーのせいか4巻で突如終了。
ラストは夢からさめるとそこは崩壊した街で主人公とヒロイン2人っきりという
時間とばし打ち切りエンドだけれど、これが不思議と嫌いではない。
全4巻。

日常 1 (角川コミックス・エース 181-1)
あらゐ けいいち
角川書店

平凡ではない、けれど日常。
変な高校生達が送るぬるくてシュールなギャグ。
たまに大笑い。
3巻まで。


ディエンビエンフー (100%コミックス)
西島 大介
角川書店

現在IKKIで連載している同名作品の原型。
ファンシーなベトナム戦争。
不完全燃焼。
全1巻。

しこたま (Seed!comics)
鈴木 典孝
ぺんぎん書房

確かぺんぎん書房時代のCOMIC SEED!初期作品。
鯷田昆の持つ“至高の魂”を手に入れるべく
あの手この手を繰り広げる悪魔っ娘マコちゃん。
しかし何度悪魔の契約で命を吸い取っても死なないと思ったら
神様の一部だったというオチ。
作者は『キャッ党忍伝てやんでえ』デザイン担当。
ネームが究極的に読みづらい。
全1巻。

ふくふく。 (Seed!comics)
ふる鳥 弥生
ぺんぎん書房

こちらも確かCOMIC SEED!初期作品。
中華っぽい町の料理店2代目審査。
絵柄が綺麗。
料理はちょい役。
全1巻。

幽霊旅行代理店ソウルメイトツーリスト 1
ふる鳥 弥生 根本 新
講談社

ひょんなことから幽霊向けの旅行代理店に務めることになった
少女、遠野真理子の奮闘。
『ふくふく。』からさらに画力アップ。
幽霊から徹底的に怖さを排除しているので
中身はほぼ人情物で、普通に面白い。
しかしまったく怖い要素がないのも物足りない。
幽霊を強制成仏させるライバル機関が出たりするものの
打ち切りでなし崩し的に和解。
全4巻。

少女奇談まこら 1 (SPコミックス)
平野 俊貴 植竹 須美男
リイド社

少女まこらが母を探し、妖怪と渡り合う
少女版ゲゲゲの鬼太郎。
ハイセンス。
月刊少年ファングと共に沈没。
復活したら買う。
全2巻。

DANCE DANCE DANCE! (1)
森田 柚花
マッグガーデン

「さようなら。わたしの愛した曲がり角。」
キャッチコピーに釣られて購入。
タイムスリップファンタジー物。
放置、そして消滅。
全2巻。


リアル系猫4コマ、時々非4コマ。
何となく面白い。
2巻まで。


関連記事

スポンサードリンク HR.jpg HR.jpg

2009年09月12日 | 売る漫画 | コメント 0件 | トラックバック 0件 | TOP

売る漫画1

このエントリーをはてなブックマークに追加 カテゴリ:売る漫画  »2009年09月12日 更新

売る漫画。備忘録も兼ねているのでネタバレ注意。




悪魔系デスメタルバンドで人気を集めながら
ポップ・ミュージックを愛する、平凡で弱気な根岸崇一の悲哀。
ご存知DMC。
絶賛されたら否定、酷評されたらフォローしたい、
そんな微妙な好きさ加減。
7巻まで。

アマレスけんちゃん
若杉 公徳
講談社 (2006-10-27)

DMCと同じ若杉氏の作品。
センスは変わらないと思うけれども
何となく読むのがしんどい。
全1巻。


「国家繁栄維持法」により、1000分の1の確率で選ばれた人間に
24時間後の死亡を宣告する通知、「逝紙(いきがみ)」。
魅力的な設定やインパクトのあるキャッチコピー、
書店などでアピールされる評判の割には…。
読みやすいようでなにかくどい絵柄も地味に苦手。
岡村隆史見たいな人がでてくるエピソードで挫折しました。
2巻まで。


魔法が科学に置き換わりつつある時代に魔法使いを目指し
魔法学校に入学した少女達の友情ストーリー。
ほとんど魔法っぽい展開も無いまま、ただ百合っぽく3巻打ち切り。
2巻まで。





ガンオタであることを必死に隠しながら微妙に隠しきれていない
女性社員、賀ノ多さんの日常。
ガンダムがある程度以上好きだと合うのかも。
1巻まで。


ホムンクルス 1 (BIG SPIRITS COMICS)
山本 英夫
小学館

頭蓋骨に穴を開ける手術「トレパネーション」によって
人のゆがみを怪物「ホムンクルス」として知覚する能力に目覚めた男の物語。
度重なる休載と女子校生編のうだうださで購入意欲は低下してしまいましたが、
物語は最後まで見届けたいところ。
6巻まで。


着ぐるみに融合してしまった宇宙人と、
着ぐるみが脱げなくなってしまった青年の奇妙な共同生活。
大舞台でバクテンできてめでたしめでたし。
ひたむきな努力が実を結ぶ気持ちの良い全1巻。



美少女自律ロボット育成コメディから
ロボットのネット掌握で世界ピンチ?系の展開へ。
キャラの癖が強いです。
全3巻。


存在感のない少年日下部九朗がモノに魂を乗り移らせて
良い思いをするエロコメ。
ヒロインを助けて能力を失う爽やかな締め。
全1巻。



神出鬼没なお手伝いさん加護女が悪しき物から子供を守るホラーアクション。
読みづらい話運び、そしてキャラも迷走。
しかし加護女さんがとことん魅力的。
最後は無難に締まったような全4巻。


関連記事

スポンサードリンク HR.jpg HR.jpg

2009年09月12日 | 売る漫画 | コメント 0件 | トラックバック 0件 | TOP