AX

 ―INFO―

step by step | 安永知澄

このエントリーをはてなブックマークに追加 カテゴリ:コミック感想(2009発売)  »2009年06月27日 更新

ステップ・バイ・ステップ 上 (BEAM COMIX)
安永 知澄

エンターブレイン

2009/4/25



ステップ・バイ・ステップ 下 (BEAM COMIX)

安永 知澄

エンターブレイン

2009/4/25




「階段」をテーマにした、上下巻の連作短編集。
現在、過去、未来、ここではないどこかとさまざまな場所で
上りと下りのドラマが展開します。
普通にじんわりと温かい話もありますが、
寓話的で含みを持った話、狂気じみている話の方が多く、
前作「やさしいわたし」よりは難解度は高めです。
つかみどころがなく、それでいて感覚を直接刺激してきて
言葉で表せない感覚を引き起こす不思議な魅力がこの本には詰まっています。

しかしこれらが面白かったかと言われると、
本全体としては微妙だったというのが主観。
個人的にはこの2冊1344円は少々高い印象です。

オススメはしないものの、
語彙力のある人に読ませてみて、
話ごとの解釈を聞いてみたくはある、そんな作品でした。
結果、オススメします。

関連記事

スポンサードリンク HR.jpg HR.jpg

2009年06月27日 | コミック感想(2009発売) | コメント 0件 | トラックバック 0件 | TOP

7月新刊チェック

このエントリーをはてなブックマークに追加 カテゴリ:コミック発売日  »2009年06月06日 更新

7月購入予定。
BOOKS INDEX参照

(注)リンク先はamazonの作品検索結果です。

3 屍鬼 5  小野 不由美 藤崎 竜
3 夏目友人帳 8  緑川 ゆき
7 百鬼夜行抄 18  今 市子
10 こどものじかん 7  私屋 カヲル
10 タビと道づれ 5   たな かのか
17 主将!!地院家若美 7  やきうどん
17 あずまんが大王[新装版] 2  あずま きよひこ
18 第七女子会彷徨 1  つばな
18 今日からヒットマン 13  むとう ひろし
19 神様ドォルズ 5  やまむら はじめ
22 陽だまりのピニュ 5  こがわ みさき
23 もっけ 9  熊倉 隆敏
23 へうげもの 9  山田 芳裕
23 スコペロ 2  カサハラ テツロー
23 ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 7  環 望
25 放蕩息子 9  志村 貴子
25 ニコイチ 6  金田一 蓮十郎
25 探偵儀式 6  箸井 地図
25 拝み屋横丁顛末記 12  宮本 福助
27 GUNSLINGER GIRL 11  相田 裕
27 ○本の住人 3  kashmir
28 罪と罰 6  落合 尚之
30 海獣の子供 4  五十嵐 大介
30 沈夫人の料理店 1  深巳 琳子
30 高校球児 ザワさん 2  三島 衛里子
下 魔法なんて信じない。でも君は信じる  西島 大介




関連記事

スポンサードリンク HR.jpg HR.jpg

2009年06月06日 | コミック発売日 | コメント 0件 | トラックバック 0件 | TOP

◎ももんち | 冬目景

このエントリーをはてなブックマークに追加 カテゴリ:コミック感想(2009発売)  »2009年06月01日 更新


気移りが多く読者を待ち焦がれさせるのが得意な呪いの漫画家、冬目景の最新作。ビックコミックスピリッツにて最長年単位のスパンで掲載されていた一連のシリーズがようやく完結して1冊の本にまとまりました。

美術予備校に通う主人公ももねは、庇護欲を掻き立てられるおっとりマイペースな女の子。そんなももねが家族に、友達に見守られながら一人暮らしを始める美術系予備校生ライフ、家族物語、そして淡い恋の物語。

予備校入学から卒業までの1年間の中で、ほわほわマイペースな女の子を主人公に添えた物語にジェットコースターな展開を望むべくもなく、お話の中心である予備校生の松本君との恋の行方はあくまでゆっくりゆったり。日常的な描写を中心にお話は淡々としていますが、ももねが家族や友達にささえられて着実に前へ進んでいく様子が丁寧に描かれていて、読んでいるとじんわり暖かくなります。

作品は「イエスタディをうたって」と舞台を共有していて、心憎いファンサービスも有り。そして全話冒頭をカラー収録。春⇒夏⇒秋⇒冬⇒春の5話構成で物語はきれいにまとまっていているので読みやすい1冊作品としてかなりオススメです。

というとこで冬目景でひさびさに読んだ完結作品でしたが、これまた長いこと時間がかかりました。以前は「黒鉄の続きまだ?」「イエスタディの新シリーズまだ?」とアンテナをはっていましたが、新しい単行本を目にして思い出すくらいが精神衛生上いいですね。

関連記事

スポンサードリンク HR.jpg HR.jpg

2009年06月01日 | コミック感想(2009発売) | コメント 0件 | トラックバック 0件 | TOP